北海道 道内観光

釧路管内観光スポット17選【北海道】

更新日:

 

皆さんは北海道の道東と言われた時、まずどこを思い浮かべますか?帯広に根室、網走に知床…

そんな道民の私が真っ先に思い浮かぶのは”釧路”です!

 

釧路は道東の真ん中で、自然が満喫でき、食べ物も美味しく人気が高い観光スポット。悪く言えば「田舎」ですが、そこに癒しを求めてくる人も多いようです。

 

そこで今回は、ほぼ地元と言える釧路の外せない観光スポットをご紹介していきます!

 

 

 

釧路の位置はここ!

 

釧路は北海道の道東と言われる地域に属していて、北海道の右側の方に位置しています。

 

とにかく、自然に恵まれた土地であるので、農業や林業、酪農がメインの街。

特別天然記念物の「タンチョウ」「阿寒湖のマリモ」などがあることで、世界的にも有名になってきています。

 

釧路市は、隣の帯広市と比べて平均的に気温が低いということから、夏は過ごしやすい観光地なんです!夏は涼しく、冬は積雪が少ないことから移住にも適した地域なんですよ!

 

ただ、釧路市は思いのほか広く、観光スポットが集中していないため車やツアーの観光でないと、全てを満喫するのは厳しいように思えます。

 

楽天ポイントも使える、貯めることもできてしまいます!

 

釧路観光スポット17選

舞橋(ぬさまいばし)

 

釧路の観光名所といえば、誰もが幣舞橋と答えるほど有名なスポットで、釧路駅から数分車を走らせるとあるこの橋は、地元民からも愛されています。

 

橋にはオブジェが飾られており、それぞれ「春夏秋冬」を表しているんだとか。

この橋が1番魅力を発するのは、夕日が橋にかかる時なんです。

 

実はこの橋、世界三大夕日として有名なのはご存知ですか?あまりの綺麗さに写真に収めてしまいたくなるでしょう!

もちろん、夜も船の明かりや街頭でライトアップされて綺麗なので、いつ見ても楽しめちゃいます。

 

この橋の付近では、釣りをしている人もかなり見受けられます。夕日を楽しみながら夕まずめなんかも素敵な思い出にできそうですね!

 

 

 

 

釧路市動物園

 

最近では、キリンの赤ちゃんを産んだことで有名な釧路市動物園。

実は、日本最東端の動物園なんです!1975年に開園し、約332の動物を飼育しているのだとか。

 

他の動物園と違うところは、北海道ゾーンがあるということ。北海道ならではの、フクロウ、ヒグマ、タンチョウに植物まで、満喫できてしまいます!

 

開園時間

4月10〜体育の日 9:30〜16:30

体育の日の翌日〜4月9日 10:00〜15:30

 

休園日

12月〜2月の毎週水曜日

12月29日〜1月2日

 

釧路市動物園HP

https://www.city.kushiro.lg.jp/zoo/

 

釧路市動物園について詳しく知りたいなら

北海道の動物園行くなら釧路市動物園っしょ!

筆者が釧路市動物園の魅力をまとめて紹介しています。夏は涼しい、冬は雪が少ない釧路って本当にありがたい…!

 

 

 

 

 

ふれあいホースパーク

 

釧路市動物園の駐車場横には、乗馬体験ができる場所があるんです。入場料自体は無料で、馬を近くで見学することもできます。

ここでおすすめのコースは、「引き馬のコース」で、「530円」という安価な価格で、乗馬体験が可能。

 

引き馬とは、お客さんが馬に乗り、インストラクターが馬を引いて歩いていくものです。個人で操作することはないので、小さなお子様からご年配の方まで、気軽に楽しめます。

 

実際に私がこのふれあいホースパークへ訪れたときに、5歳ぐらいのかなり小さなお子さんも泣きながらですが、乗馬体験しているのを目撃しました。小さなお子様でも楽しめるのは、家族連れの方にとってありがたいことですよね!

 

開園期間

4月20日〜11月3日 9:30~16:30

冬季営業期間は11月4日〜2月28日
冬季営業時間は9:30~15:30

 

休園日

毎週水曜日(祝祭日にあたる日は翌木曜日)

 

ふれあいホースパークHP

http://www.refre-yamahana.jp/horsepark/horsepark.html#menu01

 

 

 

 

 

和商市場

 

この投稿をInstagramで見る

 

marky0811さん(@marky0811)がシェアした投稿

 

北海道の三大市場の1つで、「函館の朝市」「札幌の二条市場」に劣らない市場なんです!

他の市場と変わらず、鮮魚、青果、肉、花…なんでも売られています。他とは違う特徴は、室内にあるということ。そのおかげで、自分の好きな刺身を好きな分だけ選んで勝手丼を作ることができるんです!

 

 

和商市場HP

https://www.washoichiba.com

営業時間がかなり違うので、HPを要チェック!

 

 

 

 

 

釧路フィッシャーマンズワーフMOO(ムー)

 

地元民から愛されている複合商業施設で、MOOの意味はMarine Our Oasisの略のようです。

観光スポットとしても有名で、釧路ならではのお土産が豊富に売られています。私が訪れた時には、カニのUFOキャッチャーなんてのもありました笑

 

もちろんお食事どころも設けられているので、海鮮も存分に味わえます!

 

 

MOO公式HP

http://moo946.com

飲食店とお土産店の営業時間が違うので要チェック!

 

 

 

 

 

阿寒湖(あかんこ)

 

北海道で5番目に大きな淡水湖で、道東を代表する観光スポットの1つになっています。

この湖は、天然記念物の「マリモ」が生息する場所。そのため、一帯が「阿寒摩周国立公園」として保護されています。

 

 

阿寒湖だけでなく、「ボッケ」も是非見てください

 

ボッケとは、

地下から泥が火山ガスと共に吹き出て地上に盛り上がったり、あぶくの膜を破裂させたりする現象です。吹き出している泥は97度ほどにもなります。この辺りでは、熱水や火山ガスだけを噴出している場所もあり、当地域では50cm以上の雪が積もりますが、この辺りは地熱が高いため雪がほとんど積もりません。

http://business4.plala.or.jp/akan-eco/bokke.html

(阿寒湖畔エコミュージアムセンターHP引用)

 

壮大な湖に、北海道ならではの自然を満喫できるのはまさに一石二鳥です!

 

 

お土産の「マリモ」の正体とは

View this post on Instagram

#めだか #マリモ 宇宙めだかと マリモ

A post shared by しょうじ (@shiyouzi1186) on

 

そういえば、よくお土産コーナーで「マリモ」が販売されていますよね。「天然記念物なのに売っているの?!」となる方も多いと思います。お土産のマリモの正体は、シラルトロ湖と呼ばれる阿寒湖とは別の湖で採取した藻を人工で丸めたものなんです!

 

「マリモ」を購入した方は、「マリモのごはん」を購入するのもお忘れなく!

私の実家では父が大事にマリモを育てていますが、そこそこ大きくなってきているのだとか。水を定期的に変えないと腐ってしまったり…と意外とかまってあげないといけないマリモですがしっかりと成長してくれるなら愛着も沸いてきますよね(笑)

 

 

 

 

 

 

道の駅 阿寒丹頂の里(あかんたんちょうのさと)

 

この道の駅は、車中泊スポットとしても人気がある場所です。

日帰り天然温泉も安価で楽しめ、美肌効果と老化の元に有効な成分が入っているのだとか!農家の直売所として、野菜も安く売られています。付近にキャンプ場もあるので、ここで買った野菜やお肉を使用してみるのも良いかもしれませんね!

 

道の駅HP

https://www.akan.jp

 

 

イチオシおみやげ~丹頂鶴の卵~

 

パッケージはこちら

丹頂鶴のイラストが描かれた可愛い包装がされています

包装を取ってみると本当に卵のようなお菓子が…!

食べてみると中の部分のお菓子が何とも言えない甘さで美味しい!

 

この「丹頂鶴の卵」と呼ばれるお土産は釧路市内であればどこでも販売されているのですが、道東観光に訪れるたびにこのお土産を購入せずにはいられない私です(笑)

お菓子としては、1個でも満足できる甘めのお菓子となっているので温かいお茶と一緒に食べるのがおすすめです!

 

 

長谷製菓株式会社 オンラインショップ

https://hase-seika.co.jp/item/h0001/

他にも釧路で販売されている美味しいお土産が豊富にあります!

 

 

 

 

 

アイヌコタン

 

ここでは、アイヌ民族の歴史や文化について深く学ぶことができます。

なんと、現在もおよそ130人のアイヌ民族の方々が住んでいるのだそう。古来から受け継いでいる、楽器をお土産として購入することもできます。普段とは違うお土産を購入したい方にはもってこいの場所!

 

 

アイヌコタンHP

https://www.akanainu.jp

 

 

 

 

 

摩周湖(ましゅうこ)

 

世界で2位の透明度を誇る湖として有名なカルデラ湖(火山湖)

よく晴れた日は、透明度が高く青以外の光の反射が少ないため「摩周ブルー」と呼ばれています。

世界遺産にも認定されているこの摩周湖は、「霧の摩周湖」という歌謡曲も作られていて霧に包まれているイメージが強いかと思います。実は、年中見ることができる摩周湖の1番の見頃は冬なんだそうです!

 

摩周湖ブルーキャラメル(サイダー風味)

硫黄山の駐車場付近にあるお土産屋さんで購入した「摩周湖ブルーキャラメル」は、薄い青色をした少し塩分を感じさせる甘いキャラメルでつい何個でも食べたくなる味でした!

 

 

弟子屈なびHP

https://www.masyuko.or.jp

 

 

 

 

 

道の駅 摩周温泉(ましゅうおんせん)

 

この道の駅は是非訪れて欲しい場所の1つです。理由は3つ!

 

1つ目は、道東のパンフレットが豊富に置かれているので、ネットには出ていない情報をゲットすることができます!そして、中にはクーポンがついているなんてこともあるんですよ。

 

2つ目は、無料の足湯コーナーを楽しめる。車での運転やバイクでの運転、足に汗をかいてしまいますよね、そんなときに気分転換になるのでおすすめなんです。

 

3つ目は、道の駅の裏側には水道水の噴水があるのでお水を無料で飲めてしまいます。管理人さん曰く、下にあった水道管を繋げて作ったので飲用水として飲めるのだとか。夏は、冷たくて涼しいのでぴったりです!

 

 

 

 

 

 

硫黄山(いおうざん):アトサヌプリ

 

言葉の通り硫黄の山です。標高は512mと低い山で特に登る必要がありません。

駐車場から少し山に向かって歩いていくことで、山肌から音を立てながら煙が噴き出している様子を近くで眺めることができます。その煙からは硫黄の匂いが漂ってきて、服に硫黄の匂いがついてしまうことも…

 

噴煙が上がっているところを近くでよくみてみると、黄色の硫黄の結晶が見られます。この蒸気や硫黄は高熱なので、触ると火傷します。気をつけてください

 

弟子屈なび

https://www.masyuko.or.jp

 

 

 

 

 

鶴見台(つるみだい)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Celine Sさん(@s_travel_photography)がシェアした投稿

 

ここは主に冬がメインの観光スポットとなっています。(11月〜3月頃)

冬に訪れると、タンチョウの群が無料で見られる絶景スポットなんです!低空飛行している丹頂鶴も間近に見れますし、ピークの時は約200羽が集まるそう。

 

自前のカメラで写真を撮ろうと試みたのですが、距離がそこそこあったためうまく写真を撮ることができませんでした…

 

 

 

 

 

 

釧路湿原国立公園

 

日本で最初のラムサール条約登録湿地となった場所で、タンチョウなどの多くの動植物が生息する貴重な丘陵地です。

 

この湿原は、春夏秋冬様々な顔を見せてくれるのが1番の特徴で「国立公園」と書かれていますが、広すぎて歩いて回れるものではありません。公式HPでそれぞれの見どころが書かれていますので、是非読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

釧路からちょっと外れるけどオススメしたい場所

厚岸味覚ターミナル コンキリエ

 

釧路市厚岸町といえば、”牡蠣”が有名なのはご存知ですか?ここでは、牡蠣を使用した絶品の料理を味うことができます。

 

おすすめは、2Fのレストランエスカルの「金のカキフライ」お値段は少々張りますが、食べる価値大ありです。絶品すぎるカキフライに驚くこと間違いなし!

また、この道の駅はじゃらんで道の駅の人気ランキング1位になったこともあるのだとか。建物からも壮大な景観が楽しめます。

 

金のかきフライ(1,500円)

 

ザンカキ定食(1,280円)

 

あげものにあげもの。舐めてかかるとすごい勢いでお腹いっぱいになってしまうので注意が必要です!

「金のかきフライ」を注文すると、ソースが三種類もらえます。1種類のソースには、金粉がのせられているのでなんだか崩すのがもったいないぐらいです。どれを注文しても満足のできる品ばかりなので是非1度行ってみてください!

 

コンキリエHP

http://www.conchiglie.net

 

 

 

 

 

愛冠岬(あいかっぷみさき)

 

駐車場から数分森の中を歩きます。一応整備されている道なので、軽装でも問題はありません。

ついた先には、壮大な海を眺めることができます。この観光スポットは穴場で、私が訪れた時は何十頭もの鹿を見ることができました。カップルで訪れると良いことがあるかも??

 

 

愛冠岬で撮影した写真

 

 

 

 

 

 

多和平展望台(たわだいらてんぼうだい)

 

360度の地平線が楽しめるこの場所は、北海道にいるんだ!という実感を味わわせてくれます。ただ、草原を楽しむのではなく、羊や馬、牛などと戯れることもできます。

そして、北海道といえばジンギスカン。ここでは、希少な北海道産のサフォークと言われるラム肉を味うことができてしまうんです!

 

すぐそばにサフォーク種のひつじも!

 

 

 

 

 

 

 

道の駅 しらぬか恋問(こいとい)

 

恋が叶うポストがあり、カップルの聖地とも呼ばれるこの場所はおみやげを買うのにおすすめの場所。海に面した白糠町、この道の駅では魚のお土産がメインに売られています。

両親へのお土産におすすめなのは、鍛高譚のしそ焼酎」梅酒バージョンもあります。子供も楽しめる鍛高ラムネも売られているので一度飲んでみるといいかも!

 

 

 

 




 

最後に:道民がおすすめする釧路観光スポット17選

 

いかがでしたでしょうか?

この他にも知られていないだけでオススメの観光地はいくつもあります。このブログを通して、釧路市だけでなく道東全体の素晴らしさが少しでも伝われば良いと思います。

 

ドライブ好きがおすすめをまとめました!

 

長距離ドライブの持ち物見直しませんか?

【注意】北海道の長距離ドライブの仕方と持ち物をご紹介します

持っていけばよかった!なんてことを防げる記事だと思います!

 

-北海道, 道内観光

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.