台湾 海外

【まとめ】海外旅行初心者におすすめの国は台湾!物価は?治安は?

更新日:

 

 

台湾って、最近は旅行先の1つとして有名だけど、どんな場所かいまいちわからない…ですよね。

 

実は、飛行機代は韓国よりも1万円ほど安く搭乗できてしまうんです。

(時期、飛行機の会社により異なります)

 

そして、日本語が通じやすいので注文でも安心な場所なんです!

他にも、もっとおススメな理由があります。

 

まずは、台湾がどんな国なのか知りましょう!

 

 

台湾ってどんな国?

 

簡単に言うと、日本の左下の方にある太平洋に囲まれた島国です。

公用語は中国語。首都は、”台北”

 

日本との時差はマイナス1時間ほどで、東京からおよそ4時間ほどで行くことができます。

台北は、東京都と変わらない街並みで高層ビルが立ち並んでいます。

メジャーな交通手段は、MRTという都市鉄道。日本でいうJRとなんら変わりません。

 

 

 

筆者の感想

 

私が台湾に訪れたのは、6月中旬。

この時期はマンゴーがちょうど収穫真っ只中で、安価でとても美味しかったです。日本との違いを感じました。

 

気候は、猛暑が続いていて熱中症になるかと思いましたが、夜がちょうど良い気温でした。夜市で歩くにはぴったり!

 

街を歩いていると、タピオカのお店や可愛いカフェ、軽食のお店にマッサージ店なんでも揃っていたので、

目を惹かれるものばかりで目的地に行くまで時間がかなりかかってしまうことも。

日本との文化の違いも十分楽しめます。

 

 

 

物価は高い?安い?

 

基本的には安いです。

台湾のお金の単位は”ニュー台湾ドル

100円=およそ30NT $となっています。

 

 

いちごとライムのジュース

 

台湾のタピオカで有名なチェーン店で買ったこちらのドリンクで45NT $

日本円にしておよそ160円です。日本では考えられませんね!

 

 

 

治安について

 

個人的に治安は悪くないと思います。

何か荷物を盗まれたこともないですし、カメラを首にかけて歩く人たちを多く見かけました。

(本当に治安の悪いところではカメラを出している人を見かけません)

 

実際に商店街の人通りの多い通りを22時ぐらいに歩いたのですが、

観光客や地元の人は普通に歩いていましたね。

 

人通りの多い商店街では、あまり気にすることはないと思いますが、

日本と台湾は違いますのでくれぐれも用心して行動することを忘れないように心掛けましょう。

 

スリが多いと聞きますので、スリ対策は万全に。

なお、絶対に無くしてはならないものは基本的に肌身離さず持つことをお勧めします。

 

 

 

EXCHANGEとATM、どっちがお得?

 

”EXCHANGEで両替”してもらうか、”ATMで下ろす”の2パターンがあると思うのですが、どちらでも良いと思います。

 

ただし、ATMでおろす方が手数料が安く済むみたいです。

ATMで下ろす場合も、引き出す度に手数料がかかってしまうので前もって金額を計算して必要最低限に留めましょう。

 

EXCHANGEで日本円と交換してもらう場合は、交換してほしい金額を渡して換金してもらいます。

 

5000円札を渡し、「1000円分だけ換金して!」とはできないので注意しましょう。

 

 

 

おすすめの交通手段は「MRT」

 

MRTは日本のJRと大差ないので、利用しやすいです。

オススメの理由は、プリペイド式ICカード「悠遊卡」を購入し利用することで移動料金が20%割引になるからです。

 

なお、1day passもあります。こちらはNT $150です。

他にも、バスも合わせて乗り放題になる「交通鴨遊版」もあるので、行き先や手段を確認して用途に合わせて購入すると移動費用を安く済ませることができます。

 

 

 

台北市内にある観光地

 

台北市内にはたくさんの観光スポットがあるので、いくつか紹介します。

どれもMRTの駅が目の前にいるので、迷うことなくすぐ行けてしまいます!

 

 

台北101

 

台北のランドマークといえば、ここ。

高級ブランド店で買い物するもよし、フードコートでご飯も楽しむもよし、展望台で台北を見渡すのもよし。

というように、なんでもできます。

 

 

国立中正記念堂

 

歴史の授業で学んだ、あの蒋介石の銅像が置かれています。

敷地はかなり広く、歩くのにも一苦労。

迫力満点なので行って損はないと思います。

 

 

龍山寺

 

全部で7体の神様が飾られている、正記念堂と並ぶ観光スポット。

変わったおみくじもあります。

 

 

士林夜市

 

台北で1番有名な夜市で、東京のアメ横に似ていて、服や小物なんでも揃っています。

ここでは、台湾特有の屋台料理を楽しむことができます。

 

 

 九份

 

台北から離れてしまうのですが、台湾で有名な観光地の1つです。

ジブリのとあるシーンにでてくると話題の場所でゆっくりとたそがれてみるのもありですよ。

 

 

 

台湾のイチオシグルメ

 

小籠包

 

 

牛肉麺

 

 

タピオカ

 

 

豆花

 

 

かき氷

 

 

ちょっと勇気のいる食べ物集

 

・臭豆腐

豆腐を発酵させたもの。

筆者は食べませんでした。どうしても、匂いが強烈すぎて食べる勇気が湧きませんでした。

味は厚揚げと似ているとのこと。

 

・豬血糕

その名の通り。血が使われています。

もち米に豚の血を混ぜて固め、蒸した料理らしいですが、味は特に臭みもなく。

もちもちしたお餅のようでした。

 

・雞爪

にわとりの足そのものです。

主におでんの屋台などでよく見かけます。

実はコラーゲンたっぷりで体に良く、台湾人のおやつなのだとか。

 

おでんの屋台の具材、茶色い肉のようなものがたくさんあるのですが、

何かわかっていません…

でも、味はいたって普通です!

 

 

台湾グルメについて詳しく知りたい方はこちら

【2019年版】台湾に行くならこれを食べなきゃ損!厳選7選

 

 

 

コンセントや電圧って大丈夫?

 

実はそのまま持っていっても大丈夫なんです!

 

日本のコンセントの形状はAタイプ

台湾のコンセントの形状はAタイプCタイプOタイプ

なので、基本的にはさせないなんてことはないと思います。

 

もしも、「ささらない!」なんてことがあったとしても、安心してください。

テレビの裏側にUSBのコードがさせる場所があってそこでも充電できます!

 

Cタイプ、Oタイプも念のために用意しておきたい…という方にはこちらがおすすめ!

 

海外のほぼどこでも使えて重宝しています。

USBが2箇所させる場所があるので、携帯を一気に2台も充電できてしまいます。

何カ国も旅行へ行く方は、これだと1個で済むのでおすすめです!

 

【20倍ポイント 200円引き 送料無料】 海外変換アダプター電源プラグ 変換プラグ USB 2ポート 2.1A 急速充電BF A O C SEタイプ対応 海外旅行 海外出張 コンセント マルチプラグ iphone 充電スマートフォン・タブレット用ケーブル

価格:1,780円
(2019/7/20 20:05時点)
感想(3件)

 

ドライヤーやアイロンを持って行きたいんだけど…という方は注意が必要です。

日本の電圧は100Vなのに対し、台湾の電圧は110V

ドライヤーやアイロンが100Vしか対応していない場合もあります。

そのまま使用すると、発火や故障の原因になるので持って行きたい物の電圧を事前に調べておきましょう。

どうしても持って行きたいという方は、変圧器を購入してください。

 

おすすめの変圧器はこちら

海外旅行用変圧器 【全世界対応】【USB充電ポート付】今なら世界各国対応変換プラグ5個セットプレゼント付♪

価格:4,083円
(2019/7/20 20:10時点)
感想(4072件)

 

ちなみに携帯の充電器は100V〜240Vとなっています。

カメラも同じような範囲になっていることが多いですが、

全てがそうなっているわけではないので”必ず確認しましょう”

 

何かあったとしても、自己責任です。

 

 

 

チップはあげるべき?

 

そもそもチップとは、なんなのか?

チップ=祝儀

と考えるのが、一般的のようです。

 

台湾には、もともと払う料金にサービス料が前もって含まれているので、チップを支払うといった文化はないようですが、

もし、何か特別なことをしてもらって、「支払いたい!」と思った時は軽くご飯が食べれるほどのチップが妥当のようです。

 

 

 

SIMカードの買い方

 

空港にSIMカードが売られている場所があります。

私が契約した時は、以下の流れでした。

 

・滞在日数を答える

・インターネットオンリーor電話付き(どちらかを選びます)

・携帯電話と料金を渡す

・店員さんに設定してもらう

・設定が完了したかの確認

 

全て英語です!

 

英語だと不安な方も多いでしょうがなんとなくフィーリングでいけます。

基本的に1日間、3日間、5日間とプランが決まっているので、滞在日数に応じて選びましょう。

料金は現金で払わなければいけないので、前もって台湾のお金を用意しておくのがベストです!

 

 

 

服装

 

日本との大きな気温差はないです。

 

台湾の中心地では、おしゃれな人が多いのでいつも着るようなおしゃれな服装をしても浮くことはないと思います。

 

旅行日の台湾での気温を事前に調べて、気温にあった服装にしましょう!

 

室内はたまにクーラーが効きすぎて寒いなんてこともあるので、

ちょっとした羽織るものがあってもよいかもしれません。

 

 

 

マナー【重要】

 

実は日本より厳しいのが、MRTやバスでの飲食や喫煙

違反者にはもちろん罰金を科せられます。

 

MRTには至る所に、飲食禁止のマークが描かれています。

くれぐれも忘れないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

旅行に関して言うと、日本と台湾には言語以外に多いな差はありません。

治安、物価の面からしても、最初の国として非常に訪れやすい国だと思います。

 

是非、これを機に一度台湾へ行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

初めての海外ならこちらの本をお勧めします。

飛行機内でもらう入国カードの書き方から何まで詳しく載っています。

D10 地球の歩き方 台湾 2019~2020 [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,836円
(2019/7/20 21:18時点)
感想(2件)



-台湾, 海外

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.