北海道 道内観光

名水百選に選ばれた京極町の湧水は飲まなきゃ損!【北海道】

更新日:


Warning: strpos(): Empty needle in /home/tearbread/chigiripan.com/public_html/wp-content/plugins/easy-table-of-contents/includes/class.post.php on line 450

 

人が生活するにあたって、お水は常に必要になってきます。中には、水道代が高くて困っている方もいるのではないでしょうか?

突然ですが、実は北海道には「湧水(わきみず)」が無料で汲める場所がいくつかあるんです!

 

生まれつき北海道に住んでいる私はよく湧水を汲みに行く道民の1人なのですが、夏はその周辺にいるだけでも涼しくて、とても気持ちが良いです。中には、台車を持って20リットルの給水タンクを何個も積んで車に乗せて運んでいく人なんかも見かけます。

 

湧水を組むことは使用方法によってはかなりの節約になります!

今回のブログではその湧水が「どこで汲めるのか」、「味」や「衛生面」について詳しく紹介していこうと思います

 

 

 

湧き水とは?

湧き水とは何か?

 

湧き水」といっても、どこからか勝手に湧き出してきているただのお水なのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、しっかりと定義されているので詳しく見てみましょう!

 

湧き水とは

湧水(ゆうすい)は、地下水が地表に自然に出てきたもののことである。湧き水(わきみず)や(いずみ)、湧泉(ゆうせん)ともいう[注 1]。大規模な湧水はそのままの源流となることもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/湧水(Wikipedia引用)

 

 

湧き水が飲める場所は北海道のどこに?

 

北海道内で、「日本名水100選」に選ばれている場所は全部で計5箇所となっています。

 

日本名水100選とは、

1985年昭和60年)3月環境庁(現・環境省)が選定した全国各地の「名水」とされる100か所の湧水河川用水)・地下水である。 (wikipedia引用)

名水百選に1度認定されたらそれで終わり…というわけではなく「名水サミット」と呼ばれるものが年に1度行われており、「全国水環境保全市町村連絡協議会」の方々が水環境について議論しているそうです。

 

北海道にある<昭和>日本名水100選に認定されている場所

・羊蹄のふきだし湧水(京極町)➤道央エリア

・ナイベツ川湧水(千歳市)➤道央エリア

・甘露泉水(利尻島)➤道北エリア

 

北海道にある<平成>日本名水100選に認定されている場所

・大雪旭岳源水(東川町)➤道北エリア

・仁宇布の冷水と十六の滝(美深町)➤道北エリア

 

エリアに分けてみてみると、道北・道央エリアが多いですね。

 

実は日本名水百選は「昭和版」「平成版」計200か所が認定されているのです!

全国名水一覧はこちら

http://www.env.go.jp/water/meisui/

 

 

今回は、この1つ目の観光客からも道民からもかなり支持を得ている「羊蹄ふきだし湧水」(京極ふきだし公園)にスポットを当てて詳しく紹介していきます!

 

「ナイベツ川湧水」は緑に囲まれた浅い川が流れているためよく家族で川遊びや虫取りに来ているのを見かけます。このブログではついでに千歳の観光スポットについて紹介しています。

 

 

 

京極にある「ふきだし公園」

 

今回紹介する「湧水が汲める場所」は京極町にある「ふきだし公園」という名前の公園です。

 

公園と書かれていますが普通の公園とは少し違い、いくつかの売店や、野外ステージ、近くには京極温泉と道の駅まで完備。もちろん子供用の遊具もしっかりあります。

公園の敷地自体は広いので、散歩やちょっとした遊びにはもってこいの場所になっています!

 

この階段は登りきるのがかなり大変でした

 

登りきるとこんなに見晴らしの良い景色が!

 

GW中に訪れたふきだし公園は見事に桜が咲いていて満喫できました。桜だけを見に来るのには、少々物足りない気もしますが「花見」として訪れるのには最高の場所だと思います。広々としてますし、意外と人も多くありません。

 

 

花の名前はわかりませんが、綺麗なお花もたくさん咲いておりました。とにかく居心地が良いです。しかし、GWの北海道の気温はやはり寒いので舐めてはいけません(笑)

 

 

 

「湧き水」が飲める場所

 

駐車場は「道の駅側」と「湧き水側」の計2か所あります。湧き水を汲むのがメインの方は、「湧き水側」に駐車するのがおすすめです。

道の駅側の駐車場から行くふきだし公園と、湧水側の駐車場から行くふきだし公園は景色が全く違い面白いです。

 

湧水側の景色

 

岩や緑に囲まれた景色が多く、ちょっとばかり腰を下ろして休憩できる空間や、お地蔵さんまでいらっしゃいます。どこのお水を見ても綺麗に透き通っており、マイナスイオンでもでているんでしょうか?居心地もとても良いです。

 

ちょっと息詰まっているときに気分転換に行くのは大変おすすめです。科学的根拠はなくとも自然は私たちを癒してくれるそうなので、水の音を聞いたり緑を眺めたりするのはストレス発散になります。

 

湧水側景色

 

お水がとても透き通っています

 

湧水側駐車場

 

 

道の駅側の景色

先ほどと同じ写真ですが奥にあるのが道の駅

 

見切れていますが、左側には遊具もあり写真には載り切らないぐらい広いです。

子供たちも元気そうにはしゃいで、家族連れが多かったです。観光客も多かったので大型連休は混みがちでしたが、普段はそこまで混みあっていないので過ごしやすいです。

 

 

 道の駅側駐車場

 

ここの湧き水は”飲める”のか?

 

冒頭でもお話した通り、湧き水とは「地下水が地表にでてきたもの」のことを意味していましたが、本当に飲んでよいのか心配になるところです。

 

結論としては、控えておくべき

 

その理由としては「ふきだし公園の公式HP」にこうかかれていたからです。

「おいしい水ですが、あくまでも生水です。煮沸してからご利用願います。」(ふきだし公園公式HP引用)

 

しかし、私は何回も汲みに行き頻繁にその場で飲んだりしていますし、ナイベツ川湧水でも普通に飲用していますが、特に変わったことは何もありません。

(あくまでも個人的な意見ですので、煮沸せずに飲用される方は自己責任でお願い致します。)

 

外国人観光客や道民も含めかなりその場で飲んでいる人を見かけるので、正直たくさん飲むのでなければ大丈夫なのではないのかと思ったりもしてしまいますが、新潟県では里山の湧き水を飲んだ児童が食中毒になってしまったという事例もあるようなのでくれぐれも注意が必要です。

 

この事例は、野生の動物はフンをしたことによりそのフンから排出された「カンピロバクター」が、児童の口の中から腸へと侵入してしまった…という感じです。

その場所では、10年以上も食中毒になった人がいなかっただけに衝撃的な事例ですよね。

 

 

 

湧き水の味は?

湧き水を汲む場所

 

「ふきだし公園」の湧き水は上記の写真のような場所で汲むことができます。常に水が勢い良く流れ続けているので、ペットボトルで水を汲むには少々水がはねて濡れます。

 

汲みたての湧き水の味は、水道水のような癖はなく、とても口当たりの良い水でした。(あくまでも個人的な意見です)

うまく表現するのは難しいのですが、水道水特有の苦み(?)が少ない気がします。湧き水の汲みたてはどんなに暑い夏でもキンキンに冷えていて、これはビールに勝るのではないかと思ってしまうほどあっさりのどを通ってしまいます(笑)

 

しかし、京極町のホームページでは煮沸してから…と書かれているので、煮沸せずに飲むときはあくまで”自己責任”ということでお願い致します。

 

その場で飲めないなら意味ないなんてことはありません!家へ帰ってから飲むのも大いにありです!

では、次にもし家まで持って帰って「煮沸」してから飲む場合に持っていくべき持ち物について紹介していきます。

 

 

 

持っていくべき「持ち物」

 

必ずなければならないわけではありませんが、持っておくととても便利なものなので購入しておいても損はないです。

 

おすすめの持ち物

・ウォータータンク(空のペットボトル容器など)

・タオル

 

あったら便利なもの

・キャリーカート

 

 

水が20L入るウォータータンクです。しかも折り畳み可能なので、車の中でも家の中でもコンパクトになり収納しやすいです。

ちょっとサイズがでかいかも…なんて思うかもしれませんが、自然災害などの対策として1つ購入しておいても損はありません。

 

 

車内が濡れてしまう可能性があるためタオル類も持っていくべき!

京極温泉に入る方は、タオルも買っておいて損はなし!私はよく無料の足湯にも行くので車の中にタオルを常備しています。

バスタオルってすぐ溜まって洗濯しなければいけなくて大変なのですが、このビックフェイスタオルはそれほど大きくなく丁度良いサイズなのでバスタオルとして使用するには最高です。洗ってもふかふかで色も選び放題なのでこれほどお勧めのタオルはありません!

 

 

折り畳み式でコンパクトになり、見た目も台車感が少なく購入しやすい商品です。大きいのに送料無料なのが凄くありがたい!

台車自体は軽量で運びやすく、平台車としても使えます。台車特有のガラガラ音が少ないのと、色が選べるのがこの商品のお勧めのポイントとなっています。

 

 

ずぼらさんには是非ともお勧めしたい水筒。シンプル構造で洗いやすくなっており、保温にも優れています。

水筒って本当洗いにくくて困りますよね…だからそこ時間節約のためにも水筒を購入するならシンプル構造の水筒が本当におすすめです!

 

 

湧き水が汲めない…でも、ミネラルウォーター飲みたいなんて方にはウォーターサーバーはかなりおすすめ!

最近では水道水をミネラルウォーターにしてくれるものまであります。

水道水はどうしても「カルキ抜き」をしないと飲みにくいので湧き水を汲んで煮沸するよりもかなり楽ですよ!

 

 

 

最後に:名水百選に選ばれた京極町の湧水は飲まなきゃ損!

 

名水百選に選ばれた京極町の湧き水は飲まなきゃ損!はいかがでしたでしょうか?

最後に「ふきだし公園」の魅力を紹介するとしたら湧水を汲める場所は24時間解放されているので、好きな時に汲みことができます。夜だと少し危険と感じるかもしれませんが、夜空を眺めるにもおすすめのスポットとなっていますので是非1度訪れてみてください!

 

どれだけお水を汲んでも、”無料なのはとにかくありがたい話ですよね。夏は、緑に囲まれて涼しむこともできます。是非一度訪れてみてください!

 

 

 

 

-北海道, 道内観光

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.