北海道 道内観光

北海道の動物園行くなら釧路市動物園っしょ!

投稿日:

 

北海道は広いので、もちろん動物園もいくつかあります。

札幌にある「円山動物園」、旭川にある「旭山動物園」、釧路にある「釧路市動物園」…

その中でも道民の私が1番におすすめするのは「釧路市動物園」です!

 

理由は、いくつかあります。そこで今回は、私が「釧路市動物園」おすすめする理由を詳しく紹介していきたいと思います!

 

 

 

釧路市動物園ってこんな場所!

北海道で一番涼しい動物園

釧路市動物園は日本で一番涼しい動物園なんです!

実際に釧路市地方の平均気温の表を見てみるとわかるのですが、

 

統計期間 1981~2010

気温と雨量の統計より引用)

 

8月の気温が20度を超えていないなんて信じられませんね!

同じ道東である「帯広」、2019年5月の最高気温は38.3度。そう考えると恐ろしく差があることがわかりますね…

 

釧路市は夏は他の地域と比べて涼しく過ごしやすいのが良いところではありますが、寒いがゆえに海に入ることはできません。

冬は、もちろん寒いです。しかし、北海道の中でも積雪量が少ない方で冬も比較的過ごしやすい方ではあります。

 

そう考えると釧路は住むのに適している地域とも言えます!

 

 

 

北海道満喫コース

釧路市動物園には「北海道満喫コース」という北海道で主に生きる動物たちをメインに観察できる散策コースがあります。

これは他の動物園にはない、ここならではの特徴ともいえます!

 

この北海道ゾーンでは、北海道に咲いている花も同時に眺めることもできます。

眺めることができる期間は主に春~初夏にかけてで、クロユリ、エゾオオサクラソウ、エゾカンゾウ、エゾノクサイチゴなどが種類として挙げられます。

クロユリ

 

 

 

北海道ゾーンの動物たち

エゾフクロウ

 

全長約50cmで翼を広げると約1mほどにもなる、「エゾフクロウ」

黒くてまん丸い目が特徴的でとてもかわいらしいです。

 

日本全体に生息していますが、北にいるほど白っぽくなるといった特徴があるようで、北海道に生息するものは「エゾフクロウ」と呼ばれます。実はオスよりもメスの方が大きいのだとか。

 

 

シマフクロウ

 

翼を広げると2m近くになるという「シマフクロウ」は、日本最大のフクロウです。

食性はもちろん鳥類も食べますが、魚類を主に食すのだそうです!

 

アイヌ語では「コタン・コロ・カムイ」と呼ばれ、意味は「集落を守る神に近い存在」なんだとか。

カムイというのは厳密にいうと、神という意味ではなく神に近い霊的な存在のようなので翻訳するのは少し難しいですね…

 

 

エゾクロテン

 

こんなにも可愛らしい「エゾクロテン」ですが、雑食でエゾリスやエゾユキウサギなども捕獲して食べるようです。

 

アイヌ語で「カスペキラ」=「しゃもじをもって逃げる」と呼ばれており、よく物を持ち去って行ってしまうのだとか。

エゾクロテンから毛皮をとるために乱獲されたことにより、現在では純絶滅危惧種に認定されています。

 

 

エゾヒグマ

 

北海道に生息している「エゾヒグマ」は、日本で生息する陸上動物の中で1番大きな動物なんだとか!

実はこの「エゾヒグマ」には、本州に生息している熊と違う点があります。それは、「ラワンブキ」を食べることなんです!

 

北海道では農作物の被害や人身被害もあります。

知床など自然が溢れているところでは目撃情報も多発しているので、道内観光では目撃情報や対策などをある程度聞いて行動することをお勧めします。

ちなみに私は、一度も目撃したことはありません!

 

 

 

 

動物園内にいる動物たち

インドクジャク

 

 

ゼニガタアザラシ

 

 

カナダカワウソ

 

 

アミメキリン

最近では、赤ちゃんが生まれたと話題になりましたね!

いざ、その姿を一目見ようとした瞬間に小屋の方へ入って行ってしまいました。一足遅かった…

 

 

アムールトラ

 

 

ホッキョクグマ

 

 

ダチョウ

 

 

フンボルトペンギン

 

 

レッサーパンダ

 

私はレッサーパンダ、アライグマ…どっちがどっちだかよくわからなくなってしまうのですが、写真を比較してみれば全く違うことがわかりますね(笑)

 

 

(写真左=アライグマ、写真右=タヌキ)

 

どちらかというと、よく見間違えられるのはタヌキアライグマなんだそうです。

試しに2枚の写真を並べてみましたが、違いが全く分かりませんね…

見分けられる個所はいくつもあるようで、手・しっぽ・習性がかなり違うようです。

 

アライグマは、水の中に手を突っ込んで餌を獲る姿が何かを洗っているように見えることから「アライグマ」と命名されたようですね。

道内ドライブ中、「鹿」や「きつね」はよく見かけるのですが「タヌキ」だけはみたことがありません。

話が少しそれてしまうのですが、夜間で支笏湖道を走行中、約6、7頭ほど野生の「鹿」を見かけましたので、夜間の運転は特に注意してください!

 

 

ちなみに、写真を撮り忘れたためこれだけの動物の写真しか載せられていませんがもっともっとたくさんいます!

 

 

 

ちょこっと休憩

動物園にあった自動販売機

 

去年の冬に釧路市動物園で発見した自動販売機です。

動物園とは関係ないですが、飲み物のパッケージがすべて裏返しになっていたのを見つけて思わず笑いながら写真を撮ってしまいました(笑)

 

園内で販売されていたメロンソーダフロート

 

私は夏と冬に1回ずつ訪れたのですが、夏はかなり暑かったです。

暑いし、広いのでちょっとした休憩に飲み物を買わずにはいられませんでした!(笑)

 

メロンソーダフロートが体に染み渡って美味しかったです。

しかし、ちゃんとした水分補給は大事なので園内でも販売されてはいますが事前に購入しておいたり、水筒などをもっていくことをおすすめします

 

 

 

営業時間とアクセス

アクセスが良い

釧路市動物園は釧路空港からとにかくアクセスが良いです。

 

「タクシー」、「スカイレンタカー」で空港から釧路市動物園まで約11分

JR釧路駅だと、「阿寒バス」で55分ほどになっています。

駐車料金は無料です。

 

住所:北海道釧路市阿寒町下仁々志別11番

読み方(ほっかいどう くしろし あかんちょう しもににしべつ)

 

釧路市動物園アクセス情報

https://www.city.kushiro.lg.jp/zoo/access/1001.html

 



営業案内

釧路市動物園の営業案内はこのようになっています。

 

開園時間

4/10~体育の日 体育の日翌日~4/9
午前9:30~午後4:30 午前10:00~午後3:00

 

休園日

12月~2月の毎週水曜日(祝祭日にあたる日を除く)

12/29~1/2(年末年始)

 

入園料

一般:570円

中学生以下:無料

 

 

 

乗馬体験

さっそく乗馬体験を!

釧路市動物園駐車場すぐそばには、乗馬体験ができる場所があるんです!

体験できる場所は、「ふれあいホースパーク」です。

 

その様子がこちら!

乗馬体験中

 

今回体験したのは「引き馬体験コース一周」です。

左側にある木の台に上り、そこから馬に乗ります。お姉さんに馬を引いてもらいながらしっかりとイスの持ち手を握り絞めます!

馬に乗るのはこれで二回目ですが、やはり馬に乗るのは慣れません。思いのほか揺れますし、落ちないかとても心配になりながらコース一周をしました。

 

いざ終えてみると、怖かったものの楽しさの方が勝ちましたね!(笑)

写真で見るとそうでもないですが、かなり迫力があります。

 

そして、私が乗馬体験をしているときに、ふと急に止まったお馬さん。

何をするのかと思いきや、「ぼとっ、ぼとっ」

そうです。私が乗っているのにも関わらず「フン」を出していました…

 

貴重な体験なのかどうかはわかりませんが、「今なの?!」と驚きを隠せませんでした…

そして、匂いももちろん…

 

 

 

体験メニュー

 

引き馬 コース一周 530円
馬車 1回

大人 430円

子供 220円

初級乗馬指導(要予約) 30分 2160円
ホーストレッキング(要予約) 50分

70分

4320円

5400円

フリー乗馬(要予約) 馬貸出・場内騎乗 1時間 2160円

引用 http://www.refre-yamahana.jp/horsepark/horsepark.html

 

最初は馬車に乗ろうと思っていたのですが、どうやら週末しかやっていないようで残念ながら乗れませんでした。

 

 

 

ふれあいホースパーク

 

 

営業案内

開園期間 4/20~11/3 9:30~16:30
7月~8月 9:30~17:00
冬季営業期間 11/4~2/28 9:30~15:30

 

 

住所 釧路市山花10線1

 

 

 

最後に:北海道の動物園行くなら釧路市動物園っしょ!

 

今回のブログいかがでしたか?

釧路市動物園は他の動物園とも比べ入園料が安かったり、動物園と他の観光地へ一緒に回ると割安になる券も発売されています。

広くて運動にもなりますし、夏は涼しく、冬は雪が少なく、動きやすいです!

 

北海道の動物園どこに行こうか迷っているのなら是非「釧路市動物園」にしてみてはいかがでしょうか?

 

-北海道, 道内観光

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.