イベント 北海道

北海道の七夕はなぜ8月?由来や、伝統をご紹介!

更新日:

 

突然ですが、北海道の七夕が何月何日かはご存知ですか?

ほとんどの地域では7月7日とされていますが、

北海道は場所によっては8月7日なんです。

 

なぜ、本州と北海道は1ヶ月も違うのでしょうか?

それをこのブログで細かくご紹介していきます!

 


 

もくじ

そもそも”七夕”とは

・なぜ場所によって日にちが違うのか?

・”七夕”の漢字の由来

・北海道で行われるイベント

・七夕の日に食べるものとは?

・北海道の伝統

・合わせて見たい星空の観測スポット

 


 

 

 

そもそも七夕とは?

 

まずは、基本的なことから!

七夕(たなばた)は、中国大陸日本韓国台湾ベトナムなどにおける節供節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。星祭り(ほしまつり)ともいう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/七夕(Wikipedia引用)

 

実は、日本だけでなく世界の1部にもある伝統的なお祭りなんです。

 

日本ではよく短冊にお願いを書いて、笹に飾りつけますよね!

しかし、海外では願掛けではなく特定の食べ物を食べたり、飲んだりする国もあればバレンタインデーのようにプレゼントをする国もあるようです。

 

 

 

なぜ場所によって日にちが違うのか?

 

調べてみるとこのような情報がありました。

日本ではお盆(旧暦715前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦(日本におけるグレゴリオ暦導入)以降、お盆が新暦月遅れ815前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/七夕(Wikipedia引用)

 

上記により、地域ごとに七夕の日を決定したため場所によって変わってしまったのだと思われます。

それにより、北海道でも地域によって変わってきたりします。

函館、釧路、根室などの一部地域は7月7日なんだとか

東北の一部も8月7日が七夕など、思いのほかバラバラのようです。

 

 

 

”七夕”の漢字の由来

 

もともと五節句の1つに「七夕」という言葉があり、もともとは「しちせき」と呼ばれていたようで、

そこから織姫の伝説を元に「棚機つ女」(たなばたつめ)が「たなばた」と呼ばれるようになったのが一般的らしいです。

 

ちなみに五節句とは1年間の5つの節句のことを指します。

人日(正月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)

 

 

 

北海道で行われるイベント

 

おびひろ広小路七夕まつり

開催期間 2019年8月3日〜8月7日

開催場所 帯広市広小路アーケード街

イベントも子供から大人が楽しめるように豊富のようです。

 

公式サイトはこちら

http://obikan.jp/page-7621/page-7687/

 

 

帯広へ出掛けるならこの記事も

「恋人の聖地」がある帯広のおすすめ観光スポットを紹介!

 

 

烈火七夕祭り

開催日 2019年8月3日

開催場所 旭川市内、昭和通(7条通~2条通)

歴史のある祭りのようで、太鼓演奏の披露や、踊りの披露までかなり賑わうお祭りのようです。

 

公式サイト

https://www.rekka.org

 

 

 

七夕の日に食べるものとは?

 

実は、あまり知られてないのですが七夕の日にはそうめんを食べる風習があります。

しかも、昔からずっと食べられてきたという歴史もあるようで。

 

ルーツを辿っていくと、

「7月7日に死んだ帝の子が、霊となって熱病を流行らせ、困った人たちがその子が好きだった索餅(当時のそうめんと良く似たもの)を供え始めた」

それから、七夕にそうめんを食べると一年間は無病息災でいられるという伝説が出来たようです。

 

色のついたそうめんにもしっかりと意味があるようで、

普段では白、緑、ピンクと3色のそうめんしか見かけることがありませんが、

本来は陰陽五行説の五色というものに基づいていて色が決められていて、5色揃う=厄除けとなるようです。

 

これによって、そうめんの色がカラフルになったと考えられています。

 

美味しい食べ方はこちらのサイトに詳しく載っています

http://www.ibonoito.or.jp/recipe/

 

ちょっと工夫するだけでそうめんで美味しい料理が簡単に作れてしまいます!

 

 

 

北海道の伝統

 

「ローソクだーせ」というものがあります。

(本当にこういう名前かは、知りませんが、私の周りではこのように呼ばれていました。)

 

元札幌市民だった私が小さい頃から馴染みのある風習でした。

 

「ローソク出せ、出せよ、出さないとかっちゃくぞ、おまけに噛み付くぞ」

と相手に言います。そして、本来ならばローソクを…なのですが、現在ではお菓子を貰います。

実際はリズムにのって歌のように言います!

(”かっちゃく”とは北海道弁で、意味は”引っ掻く”です)

 

小学生の時に、友達数人で8月7日に友達の家を訪ねたり、知らないご近所さんを訪ねたりしてお菓子を貰っていました。

私の住んでいた地域ではかなり馴染みのあるものでよくそのような光景を目にしました。(最近はどうなのかよくわかりませんが…)

また、このセリフは北海道の場所によって違うみたいですね。

 

 

 

あわせて見たい星空のお勧めスポット

 

8月は、ペルセウス座流星群の見頃を迎える時期なんです。

 

流星群とは?

流星群とは、その軌跡が天球上のある一点を中心に放射状に広がるように出現する一群の流星

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/流星群

(Wikipedia引用)

 

要は、流れ星を見ることのできる確率が上がる時期ということです。

 

一番活発な時間は、8月11日〜8月13日の間です。

その中でもさらに見ることのできる確率が高い時間帯8月12日の夜と推測されています。

 

 

星観察お勧めスポット

 

美幌峠

峠なので空を近く感じることができると思います。

風が強く肌寒いので、上着は必須です。

 

 

 

多和平キャンプ場 

360度パノラマの景色が綺麗だと有名です。

レストラン営業中に行くと、絶品のサフォークを食べることができます。

 

 

多和平へ行くならこの記事も

北海道、道東観光におすすめのドライブコースとは?

 

 

支笏湖美笛キャンプ場

もう1つキャンプ場があるのですが、そちらより街灯の数が少ないため

星を存分に眺めることができます。

 

 

支笏湖方面へ行く方はこちらの記事も

千歳市民が教える!本当に楽しめる観光地を紹介します

 

 

定山渓ダム

ほどよく自然に囲まれた場所で、穴場だと思います。

明るい時にダムの迫力を味わうのもありです。

 

 

 

おまけに

北海道の田舎道では、小休憩をするための駐車スペースが設けられていることが多いです。

暗闇だとなかなか見つけるのは難しいかもしれませんが、そういった場所で車を止めて空を眺めてみると想像以上に綺麗だったりします。

しかも、車通りが少ない場所だと誰もいない状態で星空を眺めることができるのでかなりおすすめ!

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

2019年の七夕は平日なので、仕事で出かけられないということもあるでしょう。

それでも、ちょっと空を見上げてみると流れ星が見つかるかもしれません!

-イベント, 北海道

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.