流行

タピオカブームは終わる?次に流行るのは?全て解説します!

更新日:

 

タピ活”なんて言葉が流行るほど有名で人気のあるタピオカ

しかし、今回はそのタピオカブームにも終わりが来ると予想されています。

そこで、このブログではタピオカはどんなものか振り返りつつ、なぜ終わるのか?を紹介していきたいと思います。

次にブームが来ると言われているものも紹介するので是非最後までお見逃しなく!

 

 

 

そもそもタピオカとは

キャッサバの葉

 

タピオカとは、キャッサバの根茎から製造したデンプンのこと。

料理のとろみをつけるためにも使用することがあるようで、紙の強度を上げるための原料としてかなり重要な物のようです。

糊化させたものを専用の容器に入れて、乾燥させることによってタピオカになるようです。

 

キャッサバは南米、北東ブラジルで多く採られるようです。栄養価の高い食べ物のようで、そのまま蒸して食べたり、粉にしたものをクレープ状にして食べたりと、南米では日常的に食卓に並べられるメジャーな食べ物なんです!

 

もぎたてのキャッサバ

 

キャッサバを使用したコスタリカの料理

 

一見普通のながいものように見えますが、実はキャッサバは毒素を持っています。

その毒は青酸カリと同類のシアン化合物なのだとか…

 

そのため生で食べるのはとても危険で、南米に出回っているものは茹でてから冷凍したものが販売されています。

 

キャッサバそのものの味はほんのり甘く、食べ応えのある食感で粘り気が強いようです。一番おいしい食べ方は、フライのようですね!

 

 

 

メジャーなチェーン店と相場

 

現在では、タピオカドリンクは様々なところで売られています。

その中でも、高い支持を得ているタピオカドリンクチェーン店と相場を同時に紹介します!

 

パールレディ


台湾発祥の老舗タピオカドリンク店。生タピオカを使用。

一番人気は、パールミルクティで、コスパが凄く良いみたいです。

 

CoCo都可(ココトカ)

こちらも台湾発のチェーン。違いがあるとすれば、世界に3000店舗以上を構えているのだとか。メニューが豊富なのが人気のようです。

シンガポールでも見かけました。

 

貢茶(ゴンチャ)

https://twitter.com/buvicika/status/1189469136373436416?s=20

こちらも世界的に人気のチェーン店。

このお店は自分で甘さからトッピングまで全てカスタマイズができるそうです。

 

 

メジャーなタピオカドリンク店はただタピオカミルクティを売るだけでなく、さまざまな工夫が施されているのですね!

ちなみに、どれも北海道には進出していないみたいです。東京近辺でしか飲めないのはなんだか寂しいですね…

 

 

えっ!こんなところまで?

タピオカチェーン店以外でタピオカドリンクを提供しているお店を探してみたところ、ロッテリア、ミスタードーナツ、牛角も提供しているそう!

他にもいくつかのファミレスなどのチェーン店が提供しているみたいなので、意外なところで飲めるかも?

 

 

タピオカドリンクの相場

タピオカドリンクの相場は安いタピオカドリンクで300円〜

基本的には500円〜600円が多いようです。

もちろんかなり凝ったものは700円〜するみたいですね。

 

北海道だと私の知っている安い場所で350円ほど。基本的には500円~600円のお店が多いです。

 

(札幌のタピオカドリンク・値段は600円ほど)

 

 

タピオカの本場の台湾では、安いところで1杯49台湾・ドル(日本円でおよそ180円)で、サイズは基本的には変わりませんので、驚くほど安いことがわかります!

 

 

ちなみに、タピオカの原価1杯10円と言われています。

それが、日本では600円前後で売られているのですから恐ろしいですね…

 

 

 

おすすめの飲み方

 

実はタピオカドリンクを美味しく飲むための飲み方があるんです!

 

氷少なめ=タピオカが吸いやすくなる

よく振って飲む=味が均等になる

 

 

タピオカドリンクで人気が高い味は…

一番は、ミルクティー

それ以外は基本的には抹茶ミルクやイチゴミルク、黒糖ミルクなどのとにかくミルク系が人気のようです。迷った時はミルクティーが無難!

 

 

 

タピオカは家でも作れる!

 

タピオカは通販でも売られていることはご存じですか?

市販のタピオカが好きだし、もっと飲みたいけどちょっと高い…でも、通販ならもっと安く、飲みたいときに作れてしまうんです!

 

1番おすすめなのは、「冷凍クイックタピオカ」

こちらは電子レンジで1分加熱するだけで簡単にタピオカになります。

容量はちょっと多いですが、最近ではタピオカを使用した料理もでてきていますし、すぐに傷んで食べれなくなってしまうものでもありません。

 

あとは、ドリンクを用意するだけですが、シロップがおすすめです!

自宅でミルクティーを作るのも良いですが、どうしても味が薄くなりがち。シロップがあれば、牛乳を注ぐだけですみます!

 

「タピオカイチゴミルク」楽しみたいのなら、ストロベリーシロップは必須です!

 

 

 

後は、ストローも買い忘れないようにしましょう。普通のストローでは、確実に飲むのに苦労します。

私は家に太いストローがなかったため、普通のストローで吸い込んでみたのですが全く吸い込むことはできませんでした…

 

業務スーパーでは、激安タピオカドリンクなんてのがあるようで、全て電子レンジで温めるだけ。

しかも、1杯80円で楽しめちゃうらしいです!なんと味も、本場のタピオカと大差がないのだとか…

しかし、人気が高いため入手しづらいようです。

 

北海道の数か所の業務スーパーを見ましたが、私は一度も見かけませんでした。果たして、北海道にもあるのだろうか…?

いずれにせよ、タピオカドリンクが家で作れるなんて個人的にはメリットの塊のように思えてしまいます(笑)

 

 

 

タピオカブームは終焉?その理由とは

 

タピオカブーム真っ只中ですが、タピオカブームが終焉するといった予想をされている方が多いようです。

 

その理由は大まかに2つあります。

タピオカドリンクのカロリーが高すぎること

プラスチックストローの規制

 

タピオカドリンクのカロリーが高いということは、ご存知の人も多いでしょうが、何カロリーあるのか具体的に答えられる人は少ないと思います。

実は、400キロカロリー前後と言われています。(量や飲み物にもよる)

これは、ご飯、2膳分ないぐらいのカロリーと大した変わりません

 

そして、デンプンの塊であるため、特に栄養素もなく、ダイエットの効果もないと言われています。

そのため、”WHO”(世界保健機関)や”NGO”(非政府組織)といった機関がタピオカドリンクを飲むことに対して注意喚起をしているよう。

 

 

プラスチックストローの規制に関しては、国際的な問題です。

主に、「プラスチックのゴミなどによる海洋汚染」が問題視されています。

そこで、プラスチックの太いストローを必要とするタピオカドリンク店は、規制によりストローが提供されなくなる見込みのようです。

これは、日本だけでなく台湾も同じことが言えます。

 

そもそも、流行自体が長く続かないと言われているのもあります。しかし、タピオカドリンクが飲めなくなってしまうのはとても悲しいですね。

 

 

 

次はブームはバナナジュースとチーズティー?

 

タピオカブームが終わるとともに、ブームがくると言われているのがバナナジュースチーズティのようです。

早速テレビでも流れたようで、徐々に人気を集めつつあります。

 

バナナジュースに関しては、エネルギーに早く変わる、肌艶が良くなるなど良いところ満載みたいですね!チーズティはもともと中国で人気になり、それが日本に飛んできたと考えられます。

 

ただストローに関しては、どうなるのかわかっていません。

もしかしたら、そのままかもしれないですし、紙ストロー“なんかに変わる可能性もありえます。

実際に韓国のスタバで、フラペチーノを飲んだ時は紙ストローでした。馴染みがなく、慣れませんでしたが、環境のことを考えれば我慢はできると思います!

 

話題沸騰中のチーズティーはどんなドリンクなのか?

 

 

タピオカブームは終わるのか?についてのまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

タピオカの終焉はもうすでに始まりつつあります。そして、もうバナナジュースもチーズティーもブームが到来しているように見えます!

 

しかし、実はもう1つ注目を集めているドリンクもあるんです!

タピオカと似てる”ポッピングボバ”はインスタ映えすると大人気?

 

時代の流れによって人気のドリンクは変わっていきます。

しかし、どんな時でも自分の健康状態に合わせて調整していくことがいつの時代も大切だと思います。

 

時代の流れにのる前に一度自分の健康について考えてみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

-流行

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.