海外

アジア周遊体験記〜始まり〜

更新日:

(台湾の街並み)

初めての海外旅行はカップル2人で、アジアを周遊することに決めました。

もちろん全部の国に行くわけではありません。

この旅を経験して、何か心境なりなんなり変化がありますようにという願いを込めて行ってきます!


もくじ

・初めての国際線

・まさかの保安検査で…

・忘れていた時差のこと

・SIMカードを買ってみる

・いざ台湾へ!


初めての国際線

(飛行機から見える北海道の海)

↑は恐らく苫小牧の海?

人生で一度も海外行ったことがない2人。

初めての国際線。まずは、チケット発行やらなんやら…

こちらは国際線と大した変わりなく乗ることができたので、大丈夫でした。

ありがたいことに新千歳空港の国際線には、荷物の重さを図れるものがありました。

私たちは格安航空のピーチのチケットを買ったので、手持ち荷物は二個で7kg以内。

事前に重さを図ろうと思い測ってみると思っていたよりも超えていました。

急いで荷物を預け荷物の方へ移動。

バックの隙間が意外とあったので、詰めれるじゃーんと思い、少し詰めすぎたかもしれません。

荷物の重さを図れる器具あると便利ですね。

まさかの保安検査で…

国際線での一番の難点は、保安検査ですよね。

ドキドキしながら向かい、保安検査をしてみると

飲もうと思っていた缶コーヒーは入れっぱなし、下着についていたアクセサリーが反応。

恥ずかしいったらありゃしないという感じでした。

液体物などそれ以外のものは特に引っかかりませんでしたが、

電子機器類が重なっていると注意されるので気をつけないといけませんね。

私の場合だとバッテリーとカメラと、携帯が重なっていたみたいです。

特に海外だとパソコンはバックから出した方が良いみたいです。

基本的に帽子はどこでも脱げと言われます。

場所によってはパーカー類も脱がなければなりません。

忘れていた時差のこと

飛行機に乗って、安心していたものの時差のことをすっかり忘れていました。

台湾と日本は大した時差はないのですが、

日本の飛行機で10時〜13時だと思っていたのですが、

どうやら日本時刻10時〜台湾時刻13時だったみたい。

3時間ほど乗ると思っていたものが4時間でちょっとしたショック。

でも、台湾時刻は日本の時刻より1時間遅いので、(日本14時が台湾13時) 少し得した気分でした!

飛行機のチケットの時刻と時差を考慮してチケットをとるなり、

旅行をするなりする方が得策です。

SIMカードを買ってみる

色々話し合った結果、現地でSIMカードを買うことにしました。

SIMカード買えるかとても心配でしたが、思っていたよりも時間がかからなかったです。

SIMカードは現地の方が設定してくれるみたいで、全てやってもらいました。

そこで、やっぱり英語は大事だということを痛感した時間でした。

あまりにも遅い時間だと、店舗自体がやっていない可能性もあるので注意が必要ですね。

台湾でのSIMカードの買い方は、後日わかりやすく記事にまとめたいと思います!

いざ台湾へ

(九份にあるカフェから撮った写真)

待ちに待った海外。

まずは台湾を満喫してきます!

ちなみに台湾のお金の単位はニュー台湾ドルというみたいです。

日本での一円は台湾では0.287NT $

台湾に行くと150、200などと数字だけ表記されているのを見ると、

恐ろしくやすく感じますが、ものによっては意外と高かったり…

物価げめちゃめちゃ安いだろうと勝手に思い込んで、

少量の金額で換金してもらうとあっという間になくなってしまいました。

個人的に思ったのは屋台や、ローカルのお店が多いので基本的には現金の支払いになります。

ちなみにコンビニではクレジットカードが使えました!

-海外

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.