フィリピン(セブ島) 海外

【旅初心者】1ヶ月アジア周遊、フィリピン2日目〜セブ島でアイランドホッピング〜

更新日:

このブログは旅初心者が1ヶ月間アジアを周遊した旅ログです。

 

今回はフィリピン2日目。メインは日本人向けアイランドホッピングで、フィリピンの海を満喫します。

 

 

 

アイランドホッピングの始まり

 

 

朝起きて服の中に水着を着て準備です。

 

”アイランドホッピング”ってなじみのない言葉ですよね。

 

大雑把にいうと、島巡り+シュノーケリングです。アイランドピクニックとも言うみたいです。

こちらは事前予約が必要で、たまたま前日の夜に見つけて急いでネット予約。

日本人向けのアイランドホッピングにしました。

 

とあるサイトの人気ナンバーワンのアイランドホッピング。

GoProもレンタルできるとか…

 

集合場所は決められており、各自で集合。

そこまで行くのにタクシーを使わなければいけないのが難点。もちろん少々ぼったくられて到着!

 

帰りは、送迎バスで各自のホテルへ送ってもらいました!

 

日本人の乗務員一人、お客さんは全員日本人。

ここにきてかなり安心感がありました。日本人の乗務員さんはいかにも”バックパッカー”してましたという見た目で、すごくフレンドリー。

人見知りからしたらすごく助かりますね!

 

船で移動、船酔いするかと思いましたがそんなにしなかったですね。

かれこれ20、30分は中型の舟に乗っていたので、酔いやすい人は酔い止め必須です。

料金は少し高いですが、日本人もいて日本語も通用するのは本当に安心できますので、おススメです

 

iphone Xの小話

 

日本人の乗務員さんに

「iphone Xなら防水だから海に入れても大丈夫ですよ!」

なんて言葉を真に受けてしまい携帯を海の中へ入れて撮影。

 

水中では、思っていたよりも綺麗に撮影できました。

防水だと思って”iphone X”入れましたけど、調べてみたら”防水”ではなく”耐水”しかも塩水だとまた別口なのだとか…

 

充電はできないし、充電の差し口の部分が錆びて使いにくくなってしまいました。

海にiphoneを入れるのおすすめしません。

(普通に考えたら当たり前ですが、携帯をいれてでも撮りたいほど綺麗な風景なのです)

 

1箇所目の海はこちら

 

海を2箇所回るのですが、1箇所目はここ。

 

 

こんな綺麗な海初めてなので、かなり興奮。

 

熱帯魚のような魚もたくさんいますし、魚の餌も貰えます。

手に餌をもったままでも食いついてくれる魚もいて感動しました。

 

シュノーケリングをするのですが、最初はかなり怖いです。

海はかなり深いし、でも装備をしっかりするので次第に水の怖さにもなれます。

 

2箇所目の海へ行く前に腹ごしらえ。

バイキング形式のレストラン。こちらも台湾と変わらず”マンゴー”に”スイカ”は激ウマ。

料理はちょこっとだけ癖があるかなと言った感じで、たまに辛い料理があります。

バイキングなのでがっつり食べられます。

 

海外って見た目が辛くなさそうな料理に限って辛かったりするんですよね。

 

風邪引いてるのに無理したせいで、少しダウン。机に伏せて寝ました。

そしたら隣に座っていたおじさん、「明日帰るからあげる!」とバファリンを下さいました。

 

本当に感謝しかないです。

 

ちなみに、ツアー後に他の方に大丈夫ですか?と心配してくださる方もいました…

本当になんて良い国なんだ!!と、さらに実感した瞬間でした。

 

 

 

2箇所目の海

 

ご飯を食べ終えて少し休憩して、2つ目の海へ。

 

透明度は特に1箇所目の海と変わらなかったのですが、”色”は少し違いました。

1つ目は”青色”だったのに対して、2つ目は”水色”といった感じ。

 

iphone Xを海の中へいれて撮影した写真

 

レストランから少しだけ歩いたところに撮影スポット、遊泳スポットが数カ所もあるんですよ!

このツアーの良いところは、日本語が通じるところと”写真を盛りだくさんに撮影”してもらえるところなんです。

 

「こんなポーズして!」とか、注文されます。

普段は恥ずかしくてできないかもしれませんが、旅行中はそれもまた楽しいもの。

 

 

 

日焼けではなくほぼ火傷

 

帰ってきてから日焼けで痛い目をみます。本当にやけどのようで。

真っ赤に腫れて、寝るのにも激痛。リュックを背負うのにも激痛がはしります。

 

のちのちに皮がむけて凄いことに。女性は特に気をつけないと大変なことになります。

水着の後もくっきり。海外の日光舐めたらいけません。

(この日はずっと快晴でした)

 

日焼け止めは小まめに塗りなおさないとだめですね。

私は集合場所で1回塗ってから塗り直しませんでした…

 

 

 

有名なフィリピン料理店

 

フィリピン料理が味わえると日本人から人気の”ランタウ”

 

 

ネットでも人気があったお店ですが、ホテルの職員さんにもオススメされたので、かなり遠いけど行くことに。

ホテルの職員さんがタクシーを呼んで、値段交渉までしてくれました。

距離が長すぎるとタクシーの運転手はかなり嫌がるようでチップを少々渡さなければなりません。

 

そう考えると日本って素敵なところだなあ、なんてまた思ったり。

ホテルから30分ぐらい車を走らせます。

海側の席に行けるかななんて思ったのですが、まあ行けるはずもなく(笑)

 

常に満席状態。

 

 

 

それでも、海と夜空と景色を程よく楽しむことができました。

ちょうど日が落ちる前後に行けてよかったです。

 

 

 

メニュー表を見てみると、料理が豊富でお値段もそんなに高くありませんでした。

日本より気持ち安めぐらいだった気がします。

 

料理をいざ頼んでみると、かなり多いです。

食べるのに苦労した私たちはお持ち帰りすることに。

 

テイクアウトといえば、料理を立派な容器に入れてもらえます!

汁ものでもなんでもテイクアウトできるみたいですね。

 

フィリピン料理も結構辛い料理が多いです。

辛くなさそうな料理に限って本当に辛いんです(笑)

辛いのが苦手な人だと食べられない料理も多いかもしれません。

 

 

 

帰宅

 

そしてここにきて、39度近くの熱。(予想)

恐らく薬の飲みすぎで、すぐには熱が下がらず。

人生で1番辛かったです。

 

とにかく寒い。半袖短パンでいる人たちを見るのでさえなんだ寒く感じました。

扁桃炎放置したら危ないことになるかもしれないと思い、シンガポールの病院に行くことにしました。

皆さん、予防と薬を多めに持ってくることを怠らずに…

 

 



 

-フィリピン(セブ島), 海外

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.