台湾 海外

【旅初心者】1ヶ月アジアの周遊、台湾1日目〜夜市、タピオカ、屋台満喫の旅〜

更新日:

 

 

6月18日、ついに初海外。まずは台湾です!

 

このブログは1ヶ月かけて行ったアジア旅行の旅ログです。

 

旅しているときに訪れた場所、気づいた注意点、おすすめスポットなどを時間軸に合わせて書いています。

 

これから旅行や旅するよという方の参考程度に読んでいただければ幸いです

 

 

 

初めての国際空港で

 

 

新千歳空港から桃園国際空港まで飛行時間はおよそ4時間ほど。

 

イミグレーションだの荷物だの初心者にはわからなくてぐだぐだでした。

 

入国審査、税関検査、荷物の受け取り。とにかく流れがわからなかったので、

 

初めて海外に行く方に伝えたいのは飛行機の手続きの流れを予習しておくことです。

 

 

 

EXCHANGE

 

私たちは何も考えずとりあえずもってきた日本円をEXCHANGEで交換してもらいました。

 

なんせ荷物を受け取るとすぐに見えたので、「とりあえず交換しといたほうが良いよね?」という感覚でした。

 

勝手に物価が安いと思い込んで、最初は5000円ほど換金してもらったのですが、すぐになくなってしまいました。

 

手数料のことも考えておらず、何回も下ろしてしまいもったいないことをしました。

 

なるべく訪れる国の物価しっかり把握しておかないといけませんね。

 

 

 

空港で食べたのは…

 

そうこうしていたら、空腹に耐えきれずご飯を食べました。

 

空港のご飯はかなり高いイメージがあったのですが、思いの外そんなことはなかったです。

 

こちらが台湾の空港のフードコートです!

 

 

 

有名なハンバーガー店からタピオカのお店、果物屋などお店は豊富に揃っていました。

 

台湾に来たのだから台湾にしかなさそうなものを食べようということでまずはこちら

 

 

 

 

ちなみに、ここで1番大変だったのは注文の仕方。

 

日本でいう焼き鳥屋のようなお店だったので、お店の前で数分うろちょろしてしまいました。

 

英語もできるわけではないので、とりあえずコンボを頼んでみました(コンボ=盛り合わせ)

 

きのこ(しいたけ?)や野菜、お肉を揚げた串料理のようです。

 

豬血糕黒いお餅のようなものが入っていたのですが…

 

もち米に豚の血を混ぜて固めて、蒸した料理のようです。色は真っ黒。

 

何も知らないって怖いですね。

 

ただ臭みもなくもちもちして美味しかったです。

 

揚げ串、食べ方がわからず、とりあえず食べてみましたが素材の味のみ。

 

ソースをかけて食べるのかは不明です…

 

そして割と日本人には辛めでした。(辛いのが好きな方はちょうど良いのかも)

 

 

 

ツイッターで有名なタピオカ店へ!〜珍煮丹〜

 

ツイッターで話題のタピオカ店へ!

 

ここの黒糖タピオカが絶品すぎるらしいです。

 

とりあえず、タロイモミルクティーと黒糖タピオカを注文。

 

 

 

 

ここで氷の量と甘さを選ぶのですが、店員さんのおすすめの甘さが50%だったため注文してみると

 

「甘さが足りない!!」

 

日本のタピオカはかなり甘いので台湾でを飲むときは100%が1番ちょうど良いと思います。

 

ただ日本のタピオカ甘すぎるから甘さ控えめがいいなという方は50%をお勧めします。

 

私はそこまで氷の量にはこだわりがないので適当に頼みました。

 

ちなみに札幌駅で行列ができていたタピオカ店では、ほとんどの人が氷少なめか氷なしで頼んでいました。

 

タロイモのミルクティーは例えるとするならば、里芋を甘くした感じです。

 

好きな方苦手な方はっきり分かれると思います

 

台湾の珍煮丹周辺は商店街のようになっていて、マッサージ店から飲食店(タピオカ店たくさんありました)、

 

おしゃれなカフェからなんでも揃っています。

 

北海道で例えるならすすきのの狸小路が永遠に続いてる感じでした。

 

 

 

台湾のローカルフードを少々。

 

そこで少し歩いた先に見つけたのが、こしょうまんのお店。

 

 

 

 

食感はパンに似ていました。

 

こしょうまん食べやすくて、肉まんとはまた違った味を楽しむことができます。

 

具は肉まんとそれほど変わらないような気もします。

 

こしょうだから辛いのかな?と思ったのですが、辛いということもなく

 

台湾の料理!という感じがしておすすめです。

 

 

 

ホテル探しでまさか…

 

ある程度お腹が満たされてきたところで、ホテル探しへ。

 

GPSで探し歩いて訪れたホテルの店員さんに「ここではありません。あっちの通りにありますよ!」

 

と言われ、探すも全く見つからず…

 

そもそも説明はアバウト過ぎたのでこちらからもっと聞いてみるべきでした…

 

似たような通りをウロウロし、また同じホテルに行き聞いてみたところ

 

そもそもホテルの名前が違うらしく、

 

GPSで再検索。そしたらようやくでてきたのでなんとか助かりました。

 

「ART HOSTEL」と「ART’ HOSTEL」の紙一重の違いで、

 

simカードの精度が悪かったのだと思います(たぶん)

 

 

 

夜市で有名な士林市場へ

 

ホテルにやっと到着したので荷物を置いて次は士林市場の夜市へ

 

MRTの劍潭駅を降りるとすぐに見えました。

 

 

 

 

活気が溢れていて、人混みの中を歩くのに大変苦労しました。

 

お店の種類はかなりありました。

 

服や雑貨もありますし、屋台料理も楽しめます。

 

ここで私たちは、果物のマンゴー、すいか、土マンゴー、蓮霧(れんぶ)を頼みました。

 

 

 

マンゴーは日本ではなかなか高くて食べる機会がないと思いますが、

 

台湾は日本と比べるとかなり安くて熟していて一口食べるたび幸せを感じました。

 

 

 

土マンゴー興味本位で買ったのですが、フルーツよりかは野菜という感覚でした。

 

固めの身、味はすっぱく、初めての食感でした。こちらは苦手な方も多いかと思います。

 

マンゴーという名前につられたらダメですね!

 

ちなみに、購入時にシナモンか何か粉をかけられました。

 

 

 

すいかは日本のすいかと変わらず、水分たっぷりで美味しかったです。

 

蓮霧(れんぶ)は、りんごにとても似ています。

 

味はりんご、食感は梨のようでした。

 

中心部にあるふさふさの芯は残すそう

 

こちらはマンゴーの次におすすめの果物です!

 

 

台湾に住んでいる方々のおやつ代わりの鳥の足やその他諸々を屋台で買い、ホテルにお持ち帰りしました

 

屋台はおでんの屋台のようで、好きなものを頼み袋に入れてもらい持ち帰ります

 

私は具を見てもよくわからなかったので適当に頼んで購入。

 

 

鳥の足買ってみたは良いものの食べ方はわからず…

 

見た目も見れば見るほど、ゲテモノ感が漂う。

 

食べてみたところ、そもそもどこを食べて良いのかわからずあまり味わえませんでした。

 

しかし、まずいということもなかったので次回は食べ方を学んでからチャレンジしたいです。

 

その他の具はどこの部位かわからなかったのですが、クセも特になかったので食べることができました!

 

ただ、やっぱり辛いです。辛いのが苦手な私にとって味わって食べるのは大変でした…

 

 

 

台湾1日目のまとめ

 

・初めての海外旅行なら入国の仕方は予習すべき(出国も)

 

・果物は安くて美味いので食べるべき

(マンゴー、蓮霧がおすすめ)

 

・タピオカ甘めが好きなら砂糖100%

 

・料理が辛くないか事前に聞くか調べる

 

 

 

続く↓

【旅初心者】1ヶ月アジア周遊、台湾2日目〜ローカルフード、九份満喫の旅〜
 

-台湾, 海外

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.