フィリピン(セブ島) 海外

【旅初心者】アジア1か月周遊、フィリピン1日目〜ぼったくりタクシーに捕まる旅〜

更新日:

 

 

このブログは旅初心者カップルが1か月かけてアジアを周遊した旅ログです。

 

台湾の次はフィリピン。メインはセブ島。

 

最近では、格安で留学できると話題のセブ島。

発音は欧米に劣るけど、文法をしっかり教えてもらえると聞いたことがあります。

なので留学を夢見る私は視察がてら行きたいと思い訪れてみました。

 

 

 

海外で初めての飛行機乗り換え

 

ここで初めての海外飛行機乗り換えです。

 

時間に余裕があると思ったら飛行機が2時間遅れ。乗り継ぎ便の時間は間近。

搭乗口わからず、空港の窓口の周辺にいた職員に質問するも「は?あっちじゃね?」みたいな対応をされたので余計に迷子。

 

日本人嫌われているのでしょうか…

 

間に合ったはいいものの乗り継ぎ便も1時間ほどの遅れ。

英語全くわからなかったので何を放送してるのか聞き取れず、とりあえず周りにいた人の流れに合わせていました。

 

そんなこんなでやっとついたセブ島。

 

 

 

やっぱり逃げられないぼったくりタクシー

 

どんなところか私自身あまり調べて来なかったので、どんなところなのかわくわくしていたのもつかの間。

さっそくここでぼったくられます。(乗り込んだ時にはぼったくりタクシーだと知りませんでした)

 

空港からでるとまずはタクシー選び、のはずがフレンドリーなおっちゃんに話しかけられてしょうがないので乗り込みます。

 

何しろ、空港の職員と話していたのでまともなタクシーなのかと思いきや…

相場と比べるとかなり高い。車は黒いVAN。

乗り込んでみると、”メーター”がない!明らかに怪しい…

 

乗っている最中に営業をされ、

「こんな場所もあるんだけどこの後どう行く?ホテルまで迎えに行くよ!」

という誘い文句に案の定「はい」と返事をしてしまいます。

 

内容は、「本物の銃で射的ができる場所に、海へ飛び込んだり泳げる場所に案内するよ!」という内容でした。

確かに本物の銃で射的、なんて魅力的です。

 

本当にフレンドリーなおっちゃんで、中学生程度の英語力の私たちに色々話しかけてくれました。

これ「トヨタの車なんだよ!」とか、「どっから来たの?」とか…

 

会話する分には普通に楽しくて、面白かったです。

 

さて、乗り込んだ時にはぼったくりとは知らなかったので、

部屋に着いてから改めて調べるとぼったくりということに気がつき、この後のぼったくりタクシーのお迎えを失礼極まりないですが”全力で無視”します。

 

(部屋にずっとこもってホテルの部屋の電話も無視していました)

 

しっかり調べてみると、正規な価格ってなかなか通用しないみたいで。

ほとんどの人が”ぼったくられる”らしいです。

 

日本人、お金持ってるんでしょ?という目で見られます。

 

逆らうのは、簡単ですがここは日本ではありません。何かあったらすべて自分の責任になってしまいます。

 

なんせ私たちはまともに英語も話せないので、しかたなくこのあとも少々ぼったくられます。

この国への寄付だと思うことにしました。

 

無視したのにも、理由があって風邪がかなり悪化してそれどころではありませんでした。

ご飯も食べれず高熱。薬も必要最低限だったので足りず。

 

 

 

日本と変わらない薬局

 

黙っていても治りそうにないので、薬とご飯を買いにスーパーへ行くことに。

ホテルの受付で日本の薬買いたいんですけど、というと薬屋さんを紹介してもらえました。

 

ホテルから徒歩5分ぐらいの場所に薬屋さんが!

 

こちらの薬屋さんなんでも売っていて、薬局と大した変わりませんでした。

とりあえず、なんとか英語で伝えて解熱剤を購入。

 

これ結構効きます。1日に三回飲むことしかわからなかったので、とりあえず全て食後に飲みました。

フィリピンではメジャーな解熱剤みたいで、好きな分だけ薬を購入できるらしいです。

私は6錠を購入しました!

 

本当は日本の薬を買いたかったのですが、中学生程度の英語力ではなんとも伝わらず…

(翻訳を使いたくとも、並んでいる人もそこそこいたので早くしろといった雰囲気なので使えませんでした!)

 

 

 

セブ島、道路事情

 

ちなみに、そこに行くまでなのですが…

 

信号なし、渋滞、歩道の意味なし。

 

人生で1番歩くのが怖かったです。歩道にはゴミか、バイクが置かれています。

バイク、トゥクトゥク、車の量が半端ないです。

 

もちろん立ち止まっていても止まってくれることはありませんので、車が来ないタイミングで横断したり、止まっている車たちの隙間を縫って歩いたり…

 

台湾とは遥かに違う服装や飲食店のレベルだったので襲われるんではないかと心配でした笑

が、そんなこともなく笑顔を向けてくれる女性警官もいました!

 

日本ではあまり見かけないのですが、フィリピンのスーパーの入り口に女性警官ぽい人がずっと立ってました。

他の国でも見かけたので、海外ならではなのかなと思います。

 

 

 

アウトレットモール周辺で買い物!

 

スーパーには、当たり前ですが生肉からお惣菜に、果物、お菓子なんでも売られていました!

お菓子なんかはちょこちょこ日本のものがあったり。

スーパーの周りには、若い女性が段差に座り携帯をいじったりたむろしたりしていましたね。

 

そういえば、車に乗っている途中にセブンイレブンなんかも見かけました!

 

 

周辺にはアウトレットモールがあり、近くにはちょっとした軽食店が多かったので、お持ち帰りすることに。

 

アウトレットモール、有名な靴のブランドから服のブランドまで結構揃っていたのですが、

平日のせいか思いの外人通りも少なく、怖かったので入店はしませんでした。

 

 

 

こちらのお店では、フライドチキンのバラ売り。

数本のフライドチキンと葉っぱに包まれたお米を購入。

 

  

 

チキンは、かなり安かったです。味も特に臭みはなくスーパーで売られているような普通のチキンでした。

お米は、独特でした。例えるなら、お米味の羊羹のよう。これぞ海外のお米!という感じがしましたね。

 

 

 

ついでに美味しそうなフライドポテトを発見。

チェダーチーズ、BBQ、サワークリームとメジャーどころが揃っていました。

 

1番小さいサイズで、55フィリピン・ペソ。日本円にしておよそ120円

注文を受けてから、ポテトを揚げ、味付け。できたてのフライドポテトはやっぱり最高です!

ポテトのお姉さんまけてくれたのか、なんだか量が多め。安いしうまい。最高です。

 

この日は寝て食っての1日でした。

 

 

 

-フィリピン(セブ島), 海外

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.