イベント 北海道

【北海道】花火大会おすすめ10選

更新日:

 

夏の風物詩、花火

花火を見るべくして、夏は終われないですよね。

北海道では、7月〜9月の間多くの花火大会が各地で行われ有料の花火大会に負けじと、無料の花火大会も開催されています。

 

有料花火大会と無料の花火大会の違いは、簡単に言えば規模の大きさです。

もちろん有料花火を見るに越したことはないのですが、なかなか手が出せない金額だったり…

 

そこで今回のブログでは、有料だけでなく無料で楽しめる道民から人気を得ている花火大会をご紹介します。

 

 

もくじ

・真駒内花火大会

・道新・UHB花火大会

・旭川夏まつり 道新納涼花火大会

・勝海花火大会

・三笠北海盆おどり納涼花火大会

・釧新花火大会

・いわみざわ公園花火大会

・道新十勝川花火大会

・モエレ沼芸術花火大会

・洞爺湖ロングラン花火大会

 

 

 

真駒内花火大会

 

道内最大級の花火大会。打ち上げ数は、2万2000発。

これを見ずして、北海道の花火大会は語れません。

会場は、真駒内アリーナで、会場付近の公園で花火が打ち上げられます。

花火・音楽・照明・炎をミックスさせ、内閣総理大臣賞を何度も受賞するほどの貴重なアートを楽しむことができます。

1年に1回しかない、この花火大会ならお金を出すのも惜しくない!

 

2019年7月6日(土)19:50~20:50

 

有料席

アリーナ席:1名2800円~8000円

スタンド席:1名:3000円~5500円

※未就学児は大人1名につき膝上1名無料。

5月11日(土)~発売中。残っていれば当日券あり。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ryoだよさん(@_jackramer_)がシェアした投稿

 

 

 

道新・UHB花火大会

 

札幌市民から高い人気を得ている歴史のある花火大会。

すすきの駅周辺の豊平川で打ち上げられます。打ち上げ数は約4000発。

この花火大会の良いところは、完全に無料でしかも近くで観れるというところ。

駅から近いので、交通機関を使用して行けるのも良いところです。(駐車場なし)

 

1つ注意点を挙げるとすると、河川敷は蚊が異様に多いので浴衣を着る人は注意が必要です。

 

2019年7月26日(金)19:40〜

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takuroさん(@intruderjeep)がシェアした投稿

 

 

筆者は実際に行ってきた感想はこちら

北海道で有名な豊平川花火大会。行き方は?必要なものは?【2019】

 

 

 

旭川夏まつり 道新納涼花火大会

 

旭川で行われるこの花火大会は豊平川よりも500発多い4500発の打ち上げ数です。

3部構成になっており、約1時間も花火を楽しむことができます。

 

創作花火が豊富にあり、目が離せない花火大会の1つ。

もちろんこちらも無料の花火大会になっています。

 

2019年8月1日(木)19:45~

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mayumi M.さん(@iceberg_823)がシェアした投稿

 

 

 

勝海花火大会

 

帯広市で開催される打ち上げ数が非公開の花火。

打ち上げ時間は90分と北海道の花火大会の中では最長と思われます

 

音楽と合わせて、打ち上げられる花火は普通に見るよりも感動を与えてくれます。

無料特設駐車場があるので車で行けるのが、ありがたいですね!

 

花火終了後の高速道路はかなり渋滞しますので、運転には気をつけてください。

 

2019年8月13日(火)19:30~21:00

 

有料席

ファミリー席:4名1万7280円(マス指定)

ペア席:2名8640円(パイプイス指定)

自由席:1名4320円(ブロック指定、ブロック内自由)

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆーと(Yuto Chiba)さん(@yuuuto2014)がシェアした投稿

 

三笠北海盆おどり納涼花火大会

 

北海道では、珍しい盆踊りとコラボした花火大会。

花火の打ち上げ数は710発、約20分間と少ないですが、

無料駐車場もあり花火と同時に盆踊りが楽しめるのはここだけだと思います!

 

あまりにも混む花火大会が億劫だけど「行きたい!」という方にはお勧めです。

 

2019年8月15日(木)19:00~19:20

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

そらち・デ・ビューさん(@sorachi.de.view)がシェアした投稿

 

 

 

釧新花火大会

 

釧路市のメインとなる花火大会。

道内最大級と言われている花火、「ナイアガラ」が打ち上げられます。

無料の花火大会の中で最多の打ち上げ数、なんと8000発。

2019年は令和を祝うため、特別なプログラムの構成になっているのだとか…

 

無料の花火大会、どこへ行こうか迷っている方はここに決まり!

 

2019年8月16日(金)19:00~20:00

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆ うさん(@yu_nismo_)がシェアした投稿

 

 

 

いわみざわ公園花火大会

 

岩見沢市の遊園地、グリーンランドの敷地内で打ち上げられる花火大会。

およそ30分で5500発という数が打ち上げられるため、濃厚な時間を味わうことができます。

 

花火大会自体は有料ではないのですが、北海道グリーンランドに駐車するには500円かかります。

空知地方最大の花火大会はアトラクションと一緒に撮影ができます。

 

2019年8月18日(日)20:00~20:30

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takumi Arakiさん(@tak_shsf)がシェアした投稿

 

 

 

道新十勝川花火大会

 

帯広市にある十勝川をバックに打ち上げられる花火大会。

河川敷で打ち上げられる花火はダイナミックで、スターマインや大玉が見どころ。

打ち上げ数は非公表。しかし、迫力の満点さは他の無料花火大会には負けていないです!

 

2019年8月24日(土)19:00~19:45

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

よっ氏さん(@yossy1129s)がシェアした投稿

 

 

 

モエレ沼芸術花火

 

広大なモエレ沼公園は札幌市の小学生が訪れる場所の1つでもあります。

公園の奥行きや立体感を活かした花火大会はこれ以外にはありません!

特徴は、他とは違いノンストップで花火が打ち上げられるプログラムになっていること。

 

花火大会行けてない!という方はまだ間に合いますのでご安心を!

 

2019年9月7日(土)19:30~20:30

 

有料席

芝席:中学生以上4104円、小学生540円

プレミアム席:8640円

※未就学児は保護者の膝上での観覧で無料

全席有料チケット制(事前にお買い求めください)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

モエレ沼芸術花火さん(@moerehanabi)がシェアした投稿

 

 

 

洞爺湖ロングラン花火大会

 

洞爺湖で打ち上げられる、最大規模のロングラン花火大会になっています。

花火の打ち上げ数は450発と多くはありませんが、期間中に行けば無料で見ることができます。

無料駐車場も構えているので、「見たい!」と思った時に見に行けるのがこの花火大会の特徴ですね。

 

湖上や船から打ち上げられる花火は、洞爺湖温泉街のホテルから眺めることができます。

洞爺湖に映し出される花火もまた見ものですよ!

 

2019年4月28日(日)~10月31日(木)20:45~21:05

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Visit Japan Internationalさん(@visitjapanjp)がシェアした投稿

 

 

 

最後に

 

北海道では、想像以上に花火大会が多く開催されています。

中には、日付が被ってどこに行こうか迷ったりなんてことも。

まだまだ花火大会は終わりません!

 

下のサイトでは、人気順、日付順で花火大会を探し出すことができます。

実は近くで花火大会が行われていたり…

北海道全域+本州の花火大会も全て載っています。

 

北海道の花火を探すならオススメのサイトはこちら

https://hanabi.walkerplus.com

 

 

-イベント, 北海道

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.