北海道 道内観光

【北海道】もちろん0円!無料おすすめ温泉スポット

更新日:


Warning: strpos(): Empty needle in /home/tearbread/chigiripan.com/public_html/wp-content/plugins/easy-table-of-contents/includes/class.post.php on line 450

 

皆さんは休み中はどこへ行くでしょうか?

レジャー施設へ遊びに行ったり、ショッピングに行ったり…色んな満喫方法があると思います。

 

北海道だと広すぎてどこへ行こうか毎度迷ってなかなか決まらない…

 

時には「今日は安く済ませたい!」と思う日があることも事実。

そこで今回のブログでは、そんな時におすすめな北海道の無料温泉スポットをいくつかご紹介します!

 

こんな方におすすめ!

・北海道内をお金をかけないで観光したい方

・北海道の穴場観光地を巡りたい方

・温泉や自然自体が大好き方

 

 

 

無料温泉について

 

無料温泉は、基本的には勝手に湧いて出てきた源泉を人の手を少し加えてお風呂仕様にした場所です。

 

そのために、管理されておらず苔がはいていたり、自分で川の水を加えて温度調節をしたりしなければならないところも多く、基本的には混浴になっている場所が多いです。

 

しかし、そんな悪いイメージとは裏腹に秘湯と呼ばれ多くの方から支持を得ている素敵な無料温泉があるのも事実です。

場所によっては、管理の行き届いてる無料露天風呂もあります。

 

今回のブログで紹介する無料温泉は、以下の観点から紹介します。

・比較的訪れやすい

・温度調節を気にしなくても良い

・安全

・水着着用可能

 

しかし中には、地震や自然災害の影響でなくなってしまっていたり、熊出没地域になってしまっている可能性もあるので訪れる場合は自己責任でお願いします。

 

 

 

道北方面

中岳温泉

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミンツー (ところにより、まつこ)さん(@hitotsuki)がシェアした投稿

 

大雪山の標高1800mにある野湯。

古くから登山者に高い支持を得ている露天風呂のようで、雨などが降ると崩れてしまうのですが、登山者が入浴時手直ししてくれるそうです。

 

旭岳ロープウェイの終点から5km先に露天風呂があり、脱衣所がないため足湯程度で入る方が多いようです。

 

・脱衣所なし

・入浴は厳しい(足湯程度)

 

 

 

 

21世紀の森の湯

 

この投稿をInstagramで見る

 

のぶゆきさん(@n.nobuyuki825)がシェアした投稿

 

キャンプ場や付近の各施設利用者のみ利用可能な温泉。源泉は、40度前後なのだとか。

10人ほど入れるお風呂で管理が行き届いていており、女湯、男湯分かれています。

環境保護のため、石鹸・シャンプーの使用は禁止。

 

シャワーがついているので安心です!

 

・脱衣所あり

・男女別の湯

・シャンプー石鹸の使用禁止

 

 

 

吹上露天の湯

 

この投稿をInstagramで見る

 

toru207GoGoさん(@tokikari)がシェアした投稿

 

「北の国から」で宮沢りえが撮影したことで有名になった温泉。

この温泉は、石膏食塩泉で、無色透明・無臭。

 

管理されているようで、温泉は綺麗らしく、

24時間空いているため満点の星を眺めに訪れる方もいるのだとか。

 

・脱衣所なし

・水着着用可

・混浴

 

 

 

 

 

道東方面

カムイワッカの湯

 

硫黄山を源流とする天然温泉…というよりは、源泉の川です。

温度は1番高い場所で30度前後、硫黄の濃度がかなり強いため長時間の入水は避けたほうが良いと言われています。

 

なんでも10円玉もピカピカになってしまうほどの濃度なんだとか。

実際に足首あたりがひりひりしたので、お肌が荒れやすい方は注意が必要です!

 

硫黄の濃度が高いせいで、生物が全く育たないと行った理由から魔の水とも呼ばれているようです(笑)

 

・濡れても良い靴や長靴

・長時間の入水は避ける

 

 

 

池の湯

 

この投稿をInstagramで見る

 

sekisabaさん(@sekisaba_oita)がシェアした投稿

 

屈斜路湖を眺めながら入浴できる温泉。温泉の水の色は、エメラルド色

泉質は、重曹泉で温度は38度ほどで入浴しやすい温泉となっています。

手入れがあまりされていないのか、藻が生えている場所もあるので歩く際には注意が必要です!

 

・脱衣所あり

・混浴

・水着着用可

 

 

 

滝見の湯

 

この投稿をInstagramで見る

 

jou.kさん(@jou_chan6665)がシェアした投稿

 

ホテル「CHINOHATE」との駐車場すぐ下にある温泉。「地の涯」で「ちのはて」と読みます。

やはり世界遺産登録に登録されている知床だからか、秋はヒグマの目撃情報も多いようですね。

泉質は、塩化物泉。滝見と付いているだけあって、近くには滝があり眺めながら入浴ができます。

 

・脱衣所あり

・混浴

・水着着用可

 

 

 

川北温泉

 

この投稿をInstagramで見る

 

温泉どうでしょう!さん(@on1000.man)がシェアした投稿

 

硫黄成分をたっぷり含んだ食塩泉で白く濁っている温泉は、管理が行き届いている温泉で綺麗です。

口コミの評価もかなり高く、秘湯と呼ばれるほど人気の露天風呂。

ただし、ヒグマ出没地域なので注意が必要です。

 

・脱衣所あり

・男女別(露天)

・水着着用可

 

 

 

 

相泊温泉

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mana.115☺︎さん(@mana._115)がシェアした投稿

 

浜の底から食塩泉が湧き出る温泉。この温泉は、目の前には壮大な海。

そして国後島を眺めながら入浴ができるスポットになっています。温泉は塩化物泉ですが、磯の匂いの方が強いです。

 

・脱衣所あり

・男女別(簡易的)

・水着着用可

 

 

 

コタン温泉

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぶででぶブーブーさん(@budedebu22)がシェアした投稿

 

屈斜路湖を眺めながら入浴する池の湯とは違い、

コタン温泉は屈斜路湖畔に面している温泉になっています。

 

冬は白鳥が屈斜路湖に留まるため、

温泉に浸かりながら白鳥を眺めることができるこのスポットはかなり人気のようです。泉質は、アルカリ単純泉と普通の温泉とは少し違います。

 

・脱衣所あり

・男女別

・水着着用可

 

 

 

 

然別峡野営場(鹿の湯)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kouji Matsumotoさん(@matsumoto_kouji)がシェアした投稿

 

自然に囲まれたこの露天風呂は、川が増水すると入れなくなってしまうそう。

足場が悪い上に、アブや蚊がかなり多いので注意が必要です。温度は比較的適温のようで、調節が必要ないという人が多いです。

 

秘湯と言われている温泉の1つ温泉好きにはもってこいの場所になっています。

 

・脱衣所あり

・混浴

・水着着用可

 

 

 

 

 

道南方面

水無海浜温泉露天風呂

 

この投稿をInstagramで見る

 

温泉どうでしょう!さん(@on1000.man)がシェアした投稿

 

海面とほぼ同じ高さにあるこの温泉は、温泉も海水浴も同時に楽しめてしまう場所。

満潮時は、温泉が水没してしまうので事前に確認が必要です。

 

夏は小・中学生の男女が遊んでいたりなど、地元の人から人気のスポットです。

 

・脱衣所あり

・ほぼ混浴

・水着着用可

 

 

 

 

 

 

 

 

泉質の特徴と効果

上記で紹介した温泉の主に含まれている泉質をご紹介します。

 

単純温泉

特徴:肌への刺激が少なく、すべすべになる
効果:自律神経不安定症、不眠症など

 

塩化物温泉

特徴:日本では比較的多めの泉質

効果:冷え性、便秘、皮膚乾燥症など

 

硫黄泉

特徴:卵の腐敗臭に似た特有の臭いを発する

効果:アトピー性皮膚炎、慢性湿疹、糖尿病など

 


 

温泉に持っていきたいもの

 

温泉に行ったはいいものの「タオル」忘れたー!なんてのもよくある話です。

そんな事態を防ぐためにも「温泉に持っていきたいもの一覧」を紹介します!

 

・タオル

銭湯であればバスタオルをレンタルすることができますが、無料温泉はもちろんそのようなことはありません。

どこかのお店で買うのも良いですが、このタオルはバスタオルほど大きくないのに体をふくのには丁度良い大きさなのでコンパクトで運びやすいです。

 

 

・虫除けスプレー

「アブ」や「蚊」が集中的に飛んでくる場所もいくつかありますので、対策のためにも一本買っておくのが大変おすすめ。

この虫よけスプレーは赤ちゃんにも使える無添加の虫よけなので誰にでも使えます!

 

虫よけスプレーについては、毎夏、蚊に刺されまくって悩んでいる私が厳選した記事を書いています。

よく蚊に刺される人必見。痒いときに効く薬はこれ!

 

 

・水着

女性の方は、特に「水着の事前着用」をおすすめします。更衣室がない場合もありますので、着ていると楽です!

温泉では、混浴の可能性もありますのでなるべくお肌の露出が少ない水着がおすすめ。

 

 

・レジャーシート

あると意外と重宝する1つ。隠れて着替えるのにも使えますし、水着が着替えれない場合でも車のシートに被せれば濡れません。

私は「湧き水」を汲んだ後、水をふき取るのがめんどくさいので濡れても大丈夫なように車にはレジャーシートを敷いています。

 

 

 

最後に:もちろん0円!無料おすすめ温泉スポット

 

0円で楽しめる無料温泉スポット紹介いかがでしたでしょうか?

 

秘湯を利用される方は、日本一周している方・ツーリングしている方が多いようです。

今回紹介した場所以外にも秘湯と呼ばれる場所はいくつかあり、どれも行く価値のある温泉になっているので、興味がある方は一度行ってみるのも良いと思います。

 

 

 

 

-北海道, 道内観光

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.