北海道 道内観光

「恋人の聖地」がある帯広のおすすめ観光スポットを紹介!

更新日:

 

 

 

 

5月には37、3度という気温をたたき出した帯広市。

実は、ばんえい競馬に、ぶたどん、幸福駅…知られていないだけでたくさんの観光スポットがあります。

そして、なんとあの有名な農業の漫画「銀の匙」のモデルにとなった場所もあるんです!

今回は、個人的なおすすめ観光スポットをいくつか紹介していきたいと思います!

 


 

もくじ

・帯広について

・買い物ならとかちむら 

・でかすぎるスイートポテト 

・「恋人の聖地」幸福駅 

・池田ワイン城 

 


 

 

 

帯広市について

 

十勝地方の中心都市であり、農業を基幹産業とした十勝の農産物集積地となっている。また、食料品加工や地元の資源を活かした製造業も盛んである。明治時代に農耕馬を競争させたことから生まれたばんえい競馬は、唯一帯広市で開催している[3]

(wikipedia引用)

https://ja.wikipedia.org/wiki/帯広市

 

北海道の多くの人は、帯広と花火大会と豚丼というイメージをお持ちの方も多いと思います。

実際に毎年帯広の花火大会開催時には、高速道路はとても混雑して渋滞しています。

また、私の周りにいる人達も帯広といえば、「豚丼」というので、帯広に行くと必ず豚丼を食べます!

 

帯広で食べた豚丼 

 

 

 

買い物なら、とかちむら 

 

とかちむら内には楽しめるスポットがいくつかあるので紹介していきます。

まず、1つ目帯広ならではの畜産物、産地直送の野菜、お土産が豊富にそろえられています。お肉は、ハンバークに加工された冷凍品からステーキ用のお肉まで様々な種類が売られていました。野菜は、産地直送なので安くてとても立派でした!

乳製品や山菜関連も種類があって選ぶのが楽しいと思います。

2つ目、楽しめるのは買い物だけでなくご飯も楽しめちゃうんです!

とかちむら内にあるとかちむらキッチンには3店舗ほどあり、ジンギスカンメインの焼肉、洋食レストラン、豚丼が楽しめるお店があります!

帯広ならではの豚丼や、帯広のお肉をここでも味わえるので、買い物ついでにおすすめです!

3つ目、帯広に来たなら是非とも見てほしいばんえい競馬です。

 

ばんえい競馬とは主にどのような競馬なのか?

ばんえい競馬は、途中に2つの障害(台形状の山)を設けた直線200mのセパレートコースを使用し、フルゲート10頭で争われる。各馬が最初に越える低い山を「第1障害(または1障害)」、次に越える高い山を「第2障害(または2障害)」と呼んでいる。

(wikipedia引用)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ばんえい競走

 

北海道といえば、ばんえい競馬。ここは唯一ばんえい競馬を見ることができる場所なんです。馬の資料館なんてのもあるので、ばんえい競馬を見る前に少し覗いてみても良いかもしれません。

 

ばんえい競馬

 

ただ、ばんえい競馬を見るのには注意点があります。それは、毎日開催されているわけではないので、予定を確認していかなければなりません。

確認したところ、恐らく土曜日、日曜日、月曜日、第1レース発走14:40頃〜最終レース発走20:45頃(予定)となっています。

 

ばんえい十勝公式サイト↓

https://www.banei-keiba.or.jp/

 

なんといっても迫力がすごいです。

金額は少しから賭けられるし、ビギナーズのための案内所も開設されているので、ばんえい競馬に興味がある方は、100円かけてみてもいいかもしれません!

 

とかちむら↓

 

 

 

でかすぎるスイートポテト 

 

クランベリーのスイートポテト

 

帯広といえば、このお店がかなり有名。地方でも知っている人は多いかもしれませんが、「クランベリー」というお店です。スイートポテトが有名ですが、洋菓子店でマドレーヌなども売られています!

スイートポテトのサイズは写真ではわかりにくいかもしれませんがスマートフォン縦2個分ぐらいのサイズは余裕であります。

なんといっても出来立てが食べられるのが最高です!量り売りのようなものなので、金額には差が出ます。

同時においしいソフトクリームも何種類か売っているので、食べてみてはいかがでしょうか? 

帯広内には全部で4店舗ほどあるみたいですが、結構な人気なので、並ぶ可能性も考えられます。 

 

クランベリー本店↓

 

 

 

「恋人の聖地」幸福駅 

 

幸福駅内にある幸福ゆき切符の像

 

幸福駅とは…

幸福駅(こうふくえき)は、北海道十勝支庁帯広市幸福町にあった日本国有鉄道(国鉄)広尾線である[1]。広尾線の廃線に伴い1987年(昭和62年)2月2日廃駅となった[1]。駅名の縁起の良さから乗車券入場券などで有名であり[1]、廃止後も観光地として整備されている[2]

(wikipedia引用)

https://ja.wikipedia.org/wiki/幸福駅

 

幸福駅、ご存知の方も多いのではないでしょうか? 幸福駅ゆきの切符。幸せが舞い込むといわれている幸福の鐘なんかもあります。

カップルや夫婦のこれからを祈って一度訪れてみてはどうでしょう。

 プラットホームには今でもなお旧・広尾線車両が綺麗に残されています。

 

プラットホームへの入り口

 

幸福駅には、しっかりと売店コーナーもあり、幸福駅に関するお土産がたくさん置かれているので、見てみると良いかもしれませんね。

ちなみに筆者はこんなのを持っています。

 

幸福駅の売店で買ったキーホルダー

 

何年か前に買ってもらったのですが、未だに大切に持っています。

ちょっとしたお土産に丁度良いと思います!

 

幸福駅↓

 

 

 

池田ワイン城 

 

 

ワイン好きな方は必見です。少し帯広から離れてしまうのですが、ここもまたおすすめです。

ここでは、ワインの製造工程が知ることもできますし、ランチも楽しむことができます。

レストランでは、おいしいお肉とおいしいワイビュッフェスタイルでいただくことができます。

ステーキには赤ワインベースのソースが付き、他では味わったことのないステーキを味わうことができます。これがまた、凄くおいしいです。(アルコール分が少し含まれているようなので、運転手は少し注意が必要かもしれません) 

展望台からは野外のブドウ展示園を眺めることもできます。(ちなみに、レストランからも壮大な自然の景色を眺めることができます!)

お土産コーナーには池田町ならではの、特産物とここでしか買えない十勝のワインも売られています。

特に、ワインの試飲コーナーなんかもあるので、是非十勝のワインを味わってみてください

 

池田ワイン城↓




また、帯広では、北海道内でもとても有名な勝海花火大会も行われます。

この花火大会有名なだけあって、帯広付近の高速道路かなり混雑します。

有料席、無料席ともにあるので一度訪れてみてはいかかでしょう?



 

-北海道, 道内観光

Copyright© ちぎりパンナコッ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.